コルベット登場から4代目のモデルとなるC4型は、アメリカンスポーツカー的テイストが強かった先代C3型からヨーロピアンスポーツカーらしいデザインに変更されました。そして、ロータスのチューニングモデル『ZR1』を発売するなど、欧州市場も視野に入れたスタイルへと生まれ変わったのです。そんなコルベットC4はどんなクルマだったのでしょうか?

 

1988年Chevrolet Corvette C4 coupe

1988年Chevrolet Corvette C4 coupe / Photo by Mic

 

 

12年間生産されたロングセラーマシン、シボレー・コルベットC4とは

 

1988 Chevrolet C4 Corvette 35th anniversary

1988 Chevrolet C4 Corvette 35th anniversary / Photo by Sicnag

 

シボレー・コルベットC4は1984年に登場。

1996年まで製造され、約12年間で36万台も売り上げたロングセラーモデルです。

3ドアスポーツカーでありながら、セダンのように装備を充実させた正統派のグランツーリスモに変貌し、外観は欧州車のようなデザイン。

先代のC3は全長が長かったのに対し、C4ではホイールベースで1.8インチ短く、前後トレッドは0.9インチ拡大されました。

さらに前後重量配分は、スポーツカーとして理想的な49:51。

走行時のスタビリティが増したことでコーナーリングの操作性能や、ボディの空気抵抗Cd値がC3の0.44から0.34となったことで直進安定性も向上しています。

車両重量は、1982年C3型ベースモデルで1,517kgだったのが、1984年C4型ベースモデルでは1,448kgまで軽量化。

これら、ボディ形状の見直しや軽量化により、最高速度は250km/hに達しました。

また、C4型デビュー当初は、GMシボレースモールブロックの5.7リッターV8気筒OHV16バルブエンジンを搭載し、最高出力208PS、最大トルク393Nmを発生。

しかし、C3まではさまざまなエンジンがオプションで用意されていましたが、C4からはベースグレードはこのエンジンのみ。

それでも年々パワーアップが図られて最終モデルとなる1996年モデルでは、ベースモデルでも300PSを発揮していました。

そして1986年は2ドアコンバーチブルモデル、1988年にはコルベット伝統のハイパフォーマンス仕様 『Z51』が登場。

1991年はZ51から『Z07』へと変更され、1992年に『LT1』と呼ばれるエンジンが搭載されます。

また、この時期にトラクションコントロールも標準装備されました。

ちなみにLT1には新型インテーク・マニフォールドや過冷却防止装置などが追加されており、最高出力300PSまで達しています。

 

ロータスチューンが施された『ZR1』の登場

 

1990年 Corvette ZR-1

1990年 Corvette ZR-1 / 出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Chevrolet_Corvette_(C4)

 

1989年、シボレーはコルベットの新しいスポーツモデル『ZR1』のコンセプトモデルを発表し、1990年に発売しました。

エンジンは排気量5.7リッターから変更はありませんがOHVからDOHC化されたことで最高出力375PSを発揮。

トランスミッションは6速マニュアルを採用しています。

また、エンジンやサスペンションなどのチューニングは、イギリスのスポーツカーメーカー・ロータスによるもの。

そんなZR1は次期モデルC5にモデルチェンジされるまで販売され続け、最終モデル(1995年モデル)では411PSまでパワーアップし、多くのアメリカンスポーツカーファンから愛された1台となりました。

 

世界中の有名カーレースで大暴れしたコルベットGTP

 

シボレーコルベットGTP

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Chevrolet_Corvette_GTP

 

コルベットが世界的な有名レースで名声を得るようになったのは、C4からと言っても過言ではありません。

アメリカ国内のIMSAやCARTの前座レースとしてC4のストックカーレースが行われ、C4のワンメイクカーレース『コルベットチャレンジ』が大人気となりました。

さらに、コルベットC4のストックカーとは一線を画すレーシングカー『コルベットGTP』が登場。

そんなコルベットGTPはGMのコルベットC4レースエンジニアリングチームにより製作され、外観は若干コルベットC4の面影が感じれましたがプロトタイプレーシングカーでした。

結局は7台しか製作されず、フレーム番号に”10″が刻印されているものに3.4リッターと4.3リッターのV型6気筒ターボエンジン、”11″が刻印されているものに5.7リッターV型8気筒NAエンジンを搭載し、アメリカ国内ではデイトナ24時間やセブリング12時間に出場し、1990年にはル・マン24時間にも出場。

ル・マンに出場した際には、GM製ビックブロックの10.2リッターV型8気筒32バルブエンジンに4本のカムシャフトが埋め込まれ、最高出力1,200PS以上のモンスターマシンとなっていました。

 

コルベットC4のスペック

 

Chevrolet Corvette 1989

1989年 Chevrolet Corvette / Photo By  nakhon100

 

1984年コルベットC4クーペ 1988年コルベットC4 Z51 1990年コルベットC4 ZR-1
全長×全幅×全高(mm) 4,483×1,803×1,183 4,483×1,803×1,186 4,506×1,880×1,189
ホイールベース(mm) 2,443 2,443 2,443
乗車定員(名) 2 2 2
車重(kg) 1,448 1,466 1,572
エンジン種類 V型8気筒OHV16バルブ V型8気筒OHV16バルブ V型8気筒DOHC32バルブ
排気量(cc) 5,733 5,733 5,732
最高出力(kW[PS]) 153[208]/4,300 182.5[248]/4,300 279.5[380]/5,800
最大トルク(N・m[kgf-m]) 393[40.0]/2,800 461[47.0]/3,200 502[51.1]/4,800
トランスミッション 4速AT、5速MT 4速AT、5速MT 6速MT
駆動方式 FR FR FR

 

1984年コルベットC4クーペ 1988年コルベットC4 Z51 1990年コルベットC4 ZR-1
0-100km/h加速 (秒) 7.6 6.1 5.1
0-1/4マイル加速 (秒) 15.5 14.3 13.1
最高速度(km/h) 236 257 290
燃費 U.S EPA (km/ルッター) city 6.8 7.2 6.8
highway 11.9 10.2 10.6
combined 8.5 8.1 8.1

 

シボレーコルベットC4の中古車価格相場

 

1988 Chevrolet C4 Corvette 35th anniversary

1988年 Chevrolet C4 Corvette 35th anniversary / Photo by pyntofmyld

 

コルベットC4の中古車価格相場は約98~240万円。

しかし、ネットで検索してみれば『ask』や『応談』といったタグがついてることも多いため、実際はもっと高額な中古車車両が多いのではないかと思われます。

また、歴代コルベットの中では比較的中古車価格は安価ですがタマ数は少なく、購入を考えている方にとって理想とする車両を見つけるのは難しいのが現実。

すでに旧車の域に入っているため、走行距離が10万キ超えのものも少なくありません。

 

まとめ

 

1988 Chevrolet C4 Corvette Convertible

1988年 Chevrolet C4 Corvette Convertible / Photo by Sicnag

 

コルベットC4は、現行モデル(C7型)に一気に近づいた、コルベットの転換期といえるモデルです。

同時にアメリカンスポーツカーの性能をヨーロッパのスポーツカーレベルまであげたのも、C4からでしょう。

そんな、アメリカンスポーツカーの象徴ともいえるコルベットを現代的なスーパーカーへ変身させたC4は、まさに名車といえる1台です。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!