Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYBike, Race

WGP5連覇の絶対王者が成し遂げられなかった6連覇とは?伝説のライダー、マイケル・ドゥーハンをご紹介します。

オーストラリア・クイーンズランド州出身のオートバイレーサーで、1992年以後のエントリーネームはミック・ドゥーハン。1994年から1998年までロードレース世界選手権(WGP)500ccクラスの5年連続チャンピオン!絶対王者と呼ばれた伝説のライダー”マイケル・ドゥーハン”を知っていますか。

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

マイケル・ドゥーハン:プロフィール

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

名前:マイケル(ミック)・ドゥーハン(Michael “Mick” Doohan)

生年月日:1965年6月4日

出身地:オーストラリア・クイーンズランド州・ブリスベン

1987年にTT-F1世界選手権日本ラウンドにプライベートチームから出場して3位を獲得した事により、周囲の注目を集めたドゥーハン。

続けて翌1988年、スーパーバイク世界選手権日本GPのレース2で優勝を納めます。

そして1989年、同郷の先輩ワイン・ガードナーのチームメイトとしてロスマンズ・ホンダチームに加入し、ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラスに本格参戦を開始するのです。

 

マイケル・ドゥーハン:レース戦歴

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

WGP参戦2年目の第14戦ハンガリーGPで初優勝を納めたかと思うと、その翌年の1991年には、ヤマハのウェイン・レイニーとチャンピオン争いを繰り広げ2位を獲得するなど、一気にトップライダーへの道を駆け上がって行ったミック・ドゥーハン。

1992年には、ホンダのエースライダーとしてビックバンエンジンと呼ばれた不等間隔位相同爆方式のニューエンジンを搭載した最新のNSR500を駆り、開幕4連勝、そして第7戦ドイツGPでも優勝するなど、一気にランキングトップに躍り出ます。

そんな誰も止めることのできないドゥーハンの快進撃に誰もが注目していた第8戦オランダGPでの予選走行中に転倒。

右足に一時は切断を危ぶまれるほどの重傷を負い、以降の4戦の欠場を余儀なくされてしまいます。

しかし、その後怪我の後遺症に苦しみながらも最終戦である南アフリカGPに強行出場するなど辛抱強く戦い続け、翌年1993年の第9戦イタリアGPで優勝!そこから勢いを取り戻していきました。

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

そしてシーズンオフに右足の再手術を受けて臨んだ1994年、WGP参戦6年目にして遂にワールドチャンピオンを獲得。

以降1998年までの5年間のタイトルを独占するのです。

 

1987年   8時間耐久ロードレース( 70周回 ネスカフェ・アメリカーナRT/ ヤマハFZR750 ) リタイア

1988年   8時間耐久ロードレース(196周回 資生堂TECH21レーシング /ヤマハ・YZF750)     9位

1989年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ロスマンズ・ホンダ/NSR500) ランキング9位

8時間耐久ロードレース(126周回 チームHRC/ホンダ・RVF750) リタイア

1990年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝1回 ロスマンズ・ホンダ/NSR500) ランキング3位

8時間耐久ロードレース(101周回 OKIホンダRT/ホンダ・RVF750) リタイア

1991年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝3回 ロスマンズ・ホンダ/NSR500) ランキング2位

8時間耐久ロードレース(192周回 OKIホンダRT/ホンダ・RVF750) 優勝

1992年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝5回 ロスマンズ・ホンダ/NSR500) ランキング2位

1993年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝1回 ロスマンズ・ホンダ/NSR500) ランキング4位

8時間耐久ロードレース(206周回 チームHRC/ホンダ・RVF750) 4位

1994年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝9回 HRC ホンダ/NSR500) チャンピオン

1995年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝7回 レプソル ホンダ/NSR500) チャンピオン

1996年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝8回 レプソル ホンダ/NSR500) チャンピオン

1997年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝12回 レプソル ホンダ/NSR500) チャンピオン

1998年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(優勝8回 レプソル ホンダ/NSR500) チャンピオン

1999年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(レプソル ホンダ/NSR500) 17位

 

滑らかなスロットコントロールと天才的なリアブレーキ調整に大注目のライディング

1993年WGP 日本GP

1997WGP イギリスGP

1997年WGP日本GP

1998年オーストラリアGP

 

成し遂げられなかった6連覇

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

1992年オランダGPのクラッシュによる後遺症で、通常のバイクでは右ペダルにあるリアブレーキを操作できなくなったために特別に左ハンドルに親指で操作するレバー式のブレーキを装着したマシンで戦い続けたドゥーハン。

誰もが引退を想像する程の状態から見事な復活を遂げ、1994年~1998年と5連覇を収める快進撃を見せました。

その連勝記録から絶対王者の名を欲しいままにし、突入したタイトル6連覇のかかる1999年シーズン。

多くの人が期待に胸を膨らませ、注目していた第3戦スペインGPでの予選走行中に高速の左コーナーで激しく転倒。右鎖骨、左手首、右膝を骨折する大怪我を負いました。

その後、残りのレースはキャンセル。

翌年の復帰に向けての調整を進めたが思うように体が回復せず、2000年シーズン開幕を前にして引退を決意したのです。

 

まとめ

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

【マイケル・ドゥーハン選手のコメント】
「ヘレスでの事故の後、アメリカに渡り、最高のスタッフに最高の手術を施してもらい、計3回の手術を行った。カムバックのためにできることは全て試みたが、残念ながら500ccのバイクを操れるまで回復することは出来なかった。
500ccでホンダと一緒にレースを戦ってきたこの11年間、ホンダが常に最高のバイクを提供してくれたことに大変感謝している。また、1992年の大怪我の時も、ホンダはもちろんドクターコスタのおかげでカムバックすることができた。世界のどこのサーキットでも、自分を応援するオーストラリアの国旗がたなびき、11年間のレース生活はとてもファンタスティックだった。
応援してくれたファンの皆様に心からお礼を言いたい。これからもホンダに協力し、モータースポーツの発展のために力を尽くしていきたい。」

出典:http://www.honda.co.jp/

1989年に世界選手権500ccクラスにデビュー、以降GP通算54勝を記録し歴代2位の優勝記録を樹立するとともに、1994年の初タイトルから5年連続でワールドチャンピオンを守り抜くという、前代未聞の偉業を達成したマイケル・ドゥーハン。

現役引退後はHONDAのGPアドバイザーなどを務め、多くのライダーをサポートしています。

また、“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第35回大会でのステージにゲスト出演するなど、レジェンドライダーとしてモータースポーツの楽しさ、面白さを多くの人に伝え続けているのです。

 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com