Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Car

NASCARへの登竜門!遂に日本上陸した”Legend Cars”を知っていますか?

アメリカの大人気レース「NASCAR」の登竜門レースとして知られる。レジェンドレースカー。その愛くるしいビジュアルからは想像できない過激な走りは、まさに「羊の皮をかぶったオオカミ」。今後日本でも注目されるであろうレジェンドレースカーとは、いったいどんな車なのかをご紹介します。

出典:http://www.charlottemotorspeedway.com/

レジェンドレースカーとは?

©Motorz

全長約3000mm、車重約400kgのクラシカルで愛くるしいボディのレジェンドカー。

ボディスタイルは、1930年代のフォード・シボレー・ダッジのセダンまたはクーペがモチーフとされており、個性に富んだバリエーションが用意されています。

そのエンジンルームには130馬力を誇るヤマハXJR1300用のエンジンとシーケンシャル5速ミッションが搭載されており、信頼性も抜群。

発祥の地であるアメリカ最高峰箱車レースNASCAR規格のロールゲージ一型パイプフレームにグラスファイバー製ボディーと、ドライバーの安全面もしっかりと考えられた設計となっています。
NASCARドライバーを目指すための登竜門として発足したレジェンドカーですが、コストパフォーマンスに優れた抜群の性能を誇っているため、現在では北米・欧州・北欧・豪州・露・南アフリカなどでレース初心者からベテランドライバーまで、レベルに合わせたシリーズ戦が開催され、モータースポーツを愛する幅広いユーザー層に人気のカテゴリーとなっています。

アメリカではプロドライバーへのステップアップカテゴリーとして、12・3歳から乗り始める事から、日本のスーパーカートのような位置付けの存在となっています。

コストパフォーマンスに優れ高性能、日本の軽自動車よりもコンパクト。移動も普通自動車の牽引トレーラーで可能と、まさにいい事尽くし。今後日本でも注目のカテゴリーとなる事は間違いなと思います!

レジェンドレースカー スペック

全長×全幅×全高(mm):2700×1525×1160
ホイールベース(mm):1850
車軸重量(kg):590(ドライバー含む)
エンジン型式、仕様:ヤマハ P501E型 4ストローク 空冷 DOHC4バルブ 並列4気筒
排気量(cc):1250
最大出力:130ps
最大トルク:非公開
トランスミッション:5速  シーケンシャルタイヤサイズ:205 60 R13 フェデラル595RS
ホイールサイズ(inch):7×13
車両販売価格:約2,200,000円

(US LEGENDCAR公式サイトより換算)

 

年代や経験によって細かなクラス分け

©Motorz

レジェンドカーの誕生は1992年にさかのぼります。

コストパフォーマンスと整備性、安全性に優れたレーシングカーに需要が集まっている事に目を付けたシャーロットスピードウェイの関係者が、手軽に参加できるレーシングカーの開発に乗り出しました。

そして「US Legend Car international,Inc」を発足、ユニークな外観のレーシングカーの開発を開始したのです。

「誰もが参加できて楽しく安価。統一されたルールを持ったレースを作る」をコンセプトに1992年4月、世界初となるレジェンドカーがお披露目となったのです。

発表後はしっかりと統一された車両とルールのもと、4クラスに分けられてレースが開催ました。

・経験豊富なドライバーが参加するプロクラス

・40歳以上のドライバーが参加するマスターズクラス

・経験の浅いドライバーが参加するセミプロ・ディビジョンクラス

・12~16歳のドライバーが参加するヤング・ライオンズクラス

 

本国アメリカでのレース動画をハイライトにてご覧下さい。

現在NASCARドライバーのデイル・アンハートJrやカイル・ブッシュ、カート・ブッシュ、ジョーイ・ロガーノなどもレジェンドカーを経てステップアップしたドライバー達です。

そしてデビュー以後USLCにより5500台以上が生産されたレジェンドカーは、海を越え、ついに日本にも導入される事となりました。

 

レジェンドカー・イン・ジャパン

©Motorz

2016年下半期に日本上陸を果たしたレジェンドレースカー。

シェイクダウン後、筑波サーキットにて行われたSSトロフィーにて日本初お披露目となりました。

その時の車載動画がこちらです。

ラップタイムは1分7秒台!初お披露目にして、その性能の高さを見せつけてくれました。

そしてこの高性能で魅力的なレジェンドカーの輸入販売をしているのは静岡県御殿場市にあるLEGENDCAR JAPAN。

現状(2017年)では、富士スピードウェイや日本各所のショートコース、カートコースでの走行が可能で、今後イベントやエキシビジョンレースなどを開催し、2018年よりワンメイクレースを行っていく予定となっているそうです。

 

まとめ

出典:http://www.tankedup.com.au/

レジェンドレースカー特集、いかがでしたでしょうか?

日本上陸後間もない為まだまだ未知数ではありますが、高性能である事は筑波サーキットにて実証済です。

かわいくクラシカルなビジュアルに加え、安全で速くて楽しい。

三拍子そろったレジェンドカーの日本でのこれからの活躍に大注目です。

 

Writer Introduction
The intimidator #3

モータースポーツを愛して止まないアラフォーです。 デイル・アンハートsrに憧れ、自らもそれに扮する変わり者。 以前はマイカーにてサーキット走行を楽しんでおりましたが、現在は主にレンタルカートとシュミレーターにて活動をしております。 記事を通して、1人でも多くの方に車やモータースポーツに触れて頂き、興味を持って頂けたら幸いです。

車買取.com