Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Racerz

ホンダ第4期F1挑戦のエースとなるか?ストフェル・バンドーンが持つ3つの強さ

今年も開幕までカウントダウンが始まっているF1世界選手権。その中でも注目を集めているのが「ストフェル・バンドーン」だ。すでに代役参戦でF1デビューは飾っているが、今年はいよいよフル参戦。果たして、その腕前はどうなのか?彼は1年目から活躍することができるのか?昨年のスーパーフォーミュラでの取材をもとに、今季の展望について迫っていこうと思う。

©︎Tomohiro Yoshita

フェルナンド・アロンソ上回る活躍をみせるかも?

©︎Tomohiro Yoshita

2015年のGP2チャンピオンを経て、2016年は鳴り物入りでスーパーフォーミュラへやってきたバンドーン。

開幕戦鈴鹿ではいきなり3位表彰台を獲得し周囲を驚かせると、第3戦富士では実走行2日目にも関わらず雨のコンディションとなった予選で見事ポールポジションをゲット。後半戦では第5戦岡山Race1と最終戦鈴鹿のRace2で優勝。シリーズランキング4位を掴み取った。

コースもマシンも熟知したベテランドライバーがひしめくスーパーフォーミュラで、いくらGP2チャンピオンといえども、1年目で結果を残すのは難しいが、関係者を驚かせるほどの活躍を見せたのは確かだった。

©︎Pirelli

さらに昨年は、F1デビューを果たす機会もあった。

開幕戦オーストラリアGPで大クラッシュを喫したフェルナンド・アロンソ。翌レースのバーレーンGPでドクターストップがかかってしまい欠場を余儀なくされる。その代役としてバンドーンが出ることになったのだ。

その週末はスーパーフォーミュラのテストで岡山国際サーキットにいたが、1日目で切り上げてすぐに現地へ。急な移動での疲れをみせることなく、予選では12番手につけ僚友ジェンソン・バトンを上回ると決勝も堅実な走りを見せて10位フィニッシュ。いきなりのデビュー戦でポイントを獲得した。

©︎Tomohiro Yoshita

それから約1年経ち、いよいよマクラーレン・ホンダからF1デビュー。彼に対する評価には、様々な意見があるが、今季のチーム躍進を支える存在になることは間違いなさそう。

展開次第では、大袈裟かもしれないが2度のワールドチャンピオン経験を誇るアロンソを上回る活躍もありそうだ。

そう感じさせたのが、スーパーフォーミュラでの戦いぶりだった。(詳細は次のページで)

1ページ|2ページ
Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com