Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Bike

大人も楽しめる!ポケバイレースに挑戦してみました!

子供たちがより安全に楽しくレースをはじめられるように開発されたマシンである「ポケットバイク」。通称“ポケバイ”は最年少は3歳という幼い頃から、レーシングライダーを目指す最初のステップとして始める子供向け競技なのですが、実は親子で楽しめる敷居の低いモータースポーツの1つのカテゴリーなのです。

©ChikaSakikawa

 

大治郎の意志を受け継いだポケバイ”74Daijiro”

©ChikaSakikawa

数あるポケバイの中で今回注目したのは”74Daijiro”。

74とDaijiroの組み合わせから想像が付く方も多いと思いますが、2003年4月にレース中の事故でこの世を去った元GPライダー加藤大治郎が生前抱いていた「子供たちのためにオリジナルのバイクを作りたい」という夢を実現する為に開発されたスーパーミニバイクです。

「子供たちがより安全に楽しくレースをはじめられるように、そしてその子供たちの中から世界チャンピオンが誕生してほしい」という大治郎の遺志を継承し、幼少期からバイクに親しんでもらうことを目的として作られた、言わば大治郎の遺産とも言えるマシンなのです。

 

親子で楽しめるコミュニケーションツール“ポケバイ”

©ChikaSakikawa

子供をポケバイに乗せる事を決めたら、まずは、許可されている広場や駐車場で練習を開始します。

そして、パイロンなどを使った8の字走行が足をつかずにできるようになレベルになれば、サーキットデビュー!

DAIJIRO CUPなどのポケバイレースに参加するなど、ステップアップを目指すのです。

そんな、ちびっ子ライダー達が走る為には家族の協力が欠かせません。

週末は家族でサーキットに向かい、練習を重ねていくうちに、メカニックだったり、監督だったり、マネージャ―だったり、家族が役割を分担して、気付いた時には小さなレーシングチームが出来上っているのです。

家族が一丸となって夢中になる事ができるポケバイレース!最高のコミュニケーションの形ではないでしょうか。

 

実は大人もレースに参戦できる74Daijiro

©ChikaSakikawa

「子供たちがより安全に楽しくレースをはじめられるようにと開発されたマシン」である74Daijiro。

こだわったのは安全性!と言う事で、溶接を一切使わないアルミプレスフレームや、74Daijiro専用にブリヂストンが開発した本格的なレーシングタイヤなど、体が大きな大人が乗っても安心なレベルの完成度となっています。

その為、年間開催されているDaijiro CUPの中で、不定期ですが74Daijiro大人クラスも用意されているのです。

しかし、安全性を重視しているとはいえ、最年少は3歳からの子供向けバイク。子供たちと同じライディングスタイルで乗る事はできません。

©ChikaSakikawa

ステップ部分に踵を乗せ、写真のように足の裏でサイドカウルを挟み込むようにガッチリとホールドしたスタイルでライディングするのです。

©ChikaSakikawa

股関節が硬くなってしまっている大人には結構キツイこの姿勢に、アクセルとブレーキ、そして体重移動のみでミニサーキットを疾走するのは意外に難しく、夢中になってしまいます。

©ChikaSakikawa

そんな大人クラスに参戦しているのは、ちびっ子ライダーを育成中のお父さん達!

いつもは子供チームのメカニックや監督であるお父さんお母さんが時にはライダーに早変わり!そんな楽しみ方もポケバイの醍醐味だと思います。

 

ちびっ子ライダー達の熱い走りと、本格的な排気音を動画で体感

無邪気で可愛い3頭身ライダー達ですが、ひとたびレースが始まると、大人顔負けのスピードとコーナリングで切磋琢磨する姿とピリピリとした空気感に圧倒されてしまいます。

このように74Daijiroは、小さな子供向けバイクと言うだけではなく、本格的な走りで基礎技術を学べる為、これまで世界で活躍したほとんどの日本人ライダー達の原点となっているのです。

 

まとめ

©ChikaSakikawa

ポケバイを降りれば、何処にでもいる無邪気で可愛い子供たち。しかし、ポケバイに乗るとその姿勢は真剣そのもので、勝つことにに妥協は許しません。

そんな子供達を一人前のライダーとするべく力を合わせて奮闘する家族の姿が見られるのもポケバイの魅力だと思います。

そして、ただ子供をレーシングライダーとして育てるだけではなく、時には両親もライダーになって、一緒に楽しめる74Daijiroは、他には類を見ない、最高の家族のコミュニケーションツールではないでしょうか。

Daijiro CUPは全国で開催されているので、是非体験してみてくださいね。

家族で楽しめる新しい趣味が見つかるかもしれません。

そして家族で楽しんで行く中で、世界で活躍するレーシングライダーが誕生し、いつか加藤大治郎の夢を実現させて欲しいと思います。

74Daijiro 公式HP → http://www.74daijiro.net/

 

併せて読みたい!

誰もが愛し、誰もが憧れたライダー、加藤大治郎を知っていますか?ヴァレンティーノ・ロッシに最大のライバルと認められた唯一の日本人ライダーとは?

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com