Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

クラシックポルシェの皮を被ったモンスター!?「RUF CTR 2017」ってなんだ?

2017年のジュネーブ・モーターショーで、まるでクラシックカーの世界からタイムスリップしてきたかの様な、1台のクルマがRUFから発表されました。その名は「RUF CTR 2017」。懐かしい930型ポルシェのルックスを纏うこのクルマ…実は驚くべきスペックを誇る、最新スーパーカーなのです。

©︎RUF

 

RUF CTR”イエローバード”とは?

©︎RUF

ポルシェ・チューナーの雄として、世界的に知られる「RUF オートモビル」。

ポルシェのモノコックを仕入れて一から組み上げることから、本国ドイツでは「自動車メーカー」としての正式認可を受けています。

そんなRUFが1987年に世に送り出したのが”イエローバード”の愛称で呼ばれる「RUF CTR」というクルマでした。

930型ポルシェ911カレラをベースに徹底したチューンが施され、ボアアップされた3.3L SOHCフラット6にはツインターボを搭載、500psを超えるパワーを発生します。

運動性能は当時の世界記録車だったフェラーリ・F40を上回る339km/hを達成しています。

また、ノーマル然としたフォルムからは、RUFを率いるアロイス・ルーフJr.のポルシェに対する敬意が犇々と伝わってきます。

そして、その精神は今も変わることはなく、RUFはポルシェ公認のハイパフォーマンス・カーとしての地位を不動のものにしてきました。

 

イエローバード再び。「RUF CTR 2017」 デビュー

©︎RUF

そんなRUFが、ジュネーブ・モーターショーで初の”完全オリジナル・シャシー”による市販車を発表しました。

その名は「RUF CTR 2017」。

930型ポルシェとほぼ同一のフォルムを与えられたこのクルマ、実は最新スペックの驚くべきスーパーカーなのです。

©︎RUF

あくまでポルシェ製のシャシーをベースに使用してきたRUFですが、これまでのノウハウを生かし遂にオリジナルのカーボン・モノコックシャシーを開発したのです。

これはRR(リアエンジン・リアドライブ)では世界初の試みでもあります。

更に、前後のサスペンションはプッシュロッド式のダブルウィッシュボーンを採用!

ボディシェルもすべてカーボンファイバーで作られており、車重はわずか1200kgに抑えられているのです。

 

レーシング・ポルシェ所縁の「メッツガー・エンジン」

©︎RUF

注目のエンジンは、ポルシェ社内で伝説のエンジニアとして名を残すハンス・メッツガーが開発した通称「メッツガー・エンジン」を採用しています。

水冷3.6L DOHCフラット6をツインターボで過給するこのエンジンは、996型以降のGT3に搭載されていたものがベースとなっていて、これは911 GT1や962といったレースカーに採用された水冷シリンダーがルーツとなっているのです。

加えてパワートレインは、スパルタンなデュアル・クラッチ6速MTを採用。

出力は実に710psを誇り、0-100km/h加速はわずか3.5秒、最高スピードは360km/hというパフォーマンスを発揮する驚愕の性能となっています。

 

まとめ

©︎RUF

今のところわずか30台の限定生産で、価格は日本円で9000万円ほど。

最新のテクノロジーで固めつつ、サイズ感含め隅々までその伝統のフォルムを再現する事は容易ではありません。

アフターマーケットの世界的ブームとも言えそうなヴィンテージ・リバイバルに、RUFが放った新たな”黄色い怪鳥”が大きな影響を与えることは、間違いないのではないでしょうか。

あわせて読みたい

アニメから飛び出したレーシングカーとは?マッハGoGoGoカラーの歴代マシンを一挙振り返り!

憧れの一台!スーパーカーブームを作った伝説的な名車とは?現役高校生が選ぶ、ブームの立役者となったマシン10選 ~後編~

世界で活躍するレーシングドライバー澤圭太のアマチュアモータースポーツ活性化計画「ワンスマ」を知っていますか?

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Shinnosuke-Miyano

20代の頃はメカニックをしたり、お洋服の仕事をしたり、とりとめのない日々を送ってきました。 クルマの楽しさやレースの奥深さを、時にマニアックに、時にエモーショナルにお伝えしていければと思います。 https://www.facebook.com/shinnosuke.miyano

車買取.com