Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

タイヤ交換はスポーツだ!?あなたの知らないタイヤ交換の世界。

モータースポーツの魅力の一つ。タイヤ交換!!たった一つの失敗でレースの順位が大幅に変わってしまう。それほどの責任を生じるタイヤ交換の世界。調べれば調べるほどアスリートと同じでした。

タイヤ交換、基本手順

基本手順と言っても、一般の車やバイクと一緒です。

ジャッキアップして、ナット外して、タイヤをはめる。

出典:http://www.komeri.com/howto/

出典:http://www.komeri.com/howto/

もちろん、レーシングマシンなので構造は違いますが、やる事は一緒。だから、面白くて凄いのです。

 

数字で見る。タイヤ交換。

図3

もちろん、人数が多いF1が一番速いのですが、他カテゴリーもなかなかのタイム!!
NASCARやスーパー耐久は、身近な車とほとんど同じに近いので、どれだけ速いかを実感しやすいのではないでしょうか?
とりあえず、F1とNASCARの動画だけでも要チェックです。

バイクも構造的には市販車に近い?のでいかに効率よく交換されているかが分かりやすいと思います。

上記タイムや人数は、給油等の人数を除いたものになっています。あくまでタイヤ交換のみです。

 

動画でみる。タイヤ交換がスポーツになると・・・どうなるの?

まずは、各レースのタイヤ交換動画をご覧ください。

F1 交換タイム 2秒/本

F1の場合、1つのタイヤに3人。ジャッキアップに2人。タイヤ交換に12人のスペシャリストが関わっています。

ここでの作業の遅れで、順位が変わってしまう可能性もあるので責任重大です。実際の現場は、それはもう凄い緊張感であふれています。

 

NASCAR 交換タイム 5秒/本

ナットの数が5個で、ジャッキアップもアナログなのに速い!!

12秒・・・だそうです。

 

スーパーフォーミュラ 交換タイム 3~4秒/本

スーパーフォーミュラはジャッキアップ含めて3人。忙しすぎでしょ!!F1の1/4の人数。

 

スーパーGT 交換タイム 3~4秒/本

と思ったら、スーパーGTは2人!!(ジャッキアップは専門職の方が居ます)

 

スーパー耐久 交換タイム 10~14秒/本

一番市販車に近いですが、流石プロ!!速い。市販車ベースなので、ナットは4~5本です。

 

バイク(鈴鹿8耐)

バイクも速い!!動きが凄く効率的!フォーミュラ並のタイムです。

 

愛用率100%?タイヤ交換を支えるインパクトレンチ

一般のタイヤ交換より、凄い事が分かった所で、どんな道具を使っているのかを調べました。

そしたら何と、ほとんど100%の確率でイタリアのDINOPAOLIという名前が出てきたのです。

出典:http://paoliwheelguns.com/

出典:http://paoliwheelguns.com/ パオリ製インパクトレンチ

重さ3.5キロ、最大回転数14500回転、最大トルク3800Nm、最大圧力25バールと、超ハイスペック。
ハイパワーゆえに重さ以上の人間の力が必要と思います。お値段は100万円前後です。

一番分かりやすいのは最大トルクでしょうか?3800Nm。
R35GTRのトルクが588Nmなので・・・はい。と言う事です。

出典:http://www.f1-stinger.com/f1-news/

出典:http://www.f1-stinger.com/f1-news/

そして、様々なノウハウが詰まったナットとソケットが組み合わさって、あの驚異的な速さが実現されていたのです。ちなみに、タイヤの重さは20kg前後だそうです。

 

まとめ

レースの順位をも左右するタイヤ交換。選ばれし者しか、本番環境でタイヤを交換する事を許されない世界。

きっと、日々練習や筋トレ、メンタルトレーニングと・・・レーシングドライバー並に努力している事が調べていて分かりました。レースの新しい見かたとして、是非ピット作業にも注目してみてくださいね!

 

あわせて読みたい!

3秒かかると「遅い!」と言われるF1のタイヤ交換、どうしてそんなに早いの?

NASCARのピット作業が体験できるアプリとは?クルーになって、タイムも競える「Thunder Gun Pit Crew Titans」をご紹介します。

タイヤでみるF1の歴史。60年以上F1を支えた縁の下の力持ちを振り返ります。

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com