Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCustom

本当に丁度イイのはレヴォーグ!!海外レースや自転車レースで活躍しているスバル レヴォーグの最新カスタム・チューニングとは?

2013年11月20日、第43回東京モーターショーのワールドプレミアで一躍注目を浴びたスバル レヴォーグ。北欧市場を視野に入れ大型化されたレガシィから離れてしまったユーザーを取り戻すべく、スバルが日本市場向けに開発されたスポーツツアラーです。デビューから3年が経とうとしている今、どんなカスタムが、そしてチューニングが行われているのでしょうか。

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

今回はそんなスバル レヴォーグのカスタムについて紹介します。

レヴォーグとは

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

2013年11月20日。第43回東京モーターショーでワールドプレミアされ、一躍注目を浴びることとなったスバル レヴォーグ。

北欧向けに大型化されていったレガシィの穴を埋めるかのような立ち位置であり、5代目レガシィで終了となったツーリングワゴンを引き継ぎ、6代目レガシィツーリングワゴンとも言える存在です。

ベースは4代目インプレッサで、スポーツセダンのWRXと共通設計されていますが、車名はWRXとレヴォーグとで分かれています。

FB16型エンジンを搭載した1.6リッターDIT直噴ターボモデルと、FA20型エンジンを搭載した2.0リッターDIT直噴ターボモデルが販売されており、それらに付随するトランスミッションはCVT(無段変速機)のみとなっております。

日本市場向けに専用開発されたレヴォーグは、スバルファンのみならず、多くの車好きから高く評価され人気を博しています。

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

プリクラッシュブレーキやアクティブレーンキープの機能を備えた運転支援システム「アイサイト」を全グレードで標準装備されており、スポーツツアラーであることはもちろん安全性への配慮も忘れていません。

モータースポーツではBTCC(イギリスツーリングカー選手権)に参戦しており、毎戦上位争いに絡む実力を持っており、海外でも注目を浴びてるんです。

自転車競技のサイクルロードレースでは、そのボディサイズや性能からチームサポートカーやニュートラルカー(チームサポートーカー以外でサポートしてくれる車)としても選ばれています。

レヴォーグ2.0GT-S spec

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,790×1,490
ホイールベース(mm):2,650
車両重量(kg):1,560
駆動方式:4WD
トランスミッション:スポーツリニアトロニック(CVT)
エンジン:水平対向4気筒 FA20 直噴ターボDIT
排気量:1,998cc
最大出力:300ps/5,600rpm
最大トルク:40.8kgm/2,000-4,800rpm
燃費(km/L):13.2(JC08)
新車価格(税抜):3,300,000円
中古車相場価格:1,850,000~3,900,000円

 

最新のデモカー5選

新たなスバルの基幹車種ともなっているレヴォーグですが、一体どんなカスタマイズがされているのでしょうか??

PROVA LEVORG

出典:http://www.prova.co.jp/

出典:http://www.prova.co.jp/

スバル車専門のチューニングパーツメーカーであり、神奈川県横浜市都筑区に店舗を構えるプローヴァ。

レガシィやWRX、BRZはもちろんフォレスターやエクシーガのパーツもラインナップし、その中の一つにレヴォーグが存在します。

スバル車のトータルチューニングパーツを展開し、レヴォーグ用オーリンズDFV車高調キットやDIT用バイパスバルブ、クロスメンバーの隙間を埋めるクロスメンバーカラー等、ドライバーが体感しやすいパーツをラインナップしています。

その中でも特に目に留まるのがオーバーフェンダーパネルキットを始めとしたエアロパーツで、構造変更を必要としない範囲の拡幅なのですが、インパクトは抜群です。

PROVA URL:http://www.prova.co.jp/

住所:神奈川県横浜市都筑区早渕3-30-8

 

SYMS LEVORG

出典:http://syms.jp/

出典:http://syms.jp/

SUBARUのお膝元、群馬県太田市に店舗を構えるスバル車専門のカスタム・チューニングパーツを展開するシムス。

全日本ラリーやGazoo 86/BRZレースなどのJAF公式競技を始め、タイムアタックや草レースなど幅広く参戦し様々なノウハウを持っています。

フルバンパータイプのフロントバンパーは、ロアグリルが純正よりも拡大され、アッパーグリルはルーバーとすることで抵抗を減らし空気流入量をアップしています。

またカーボンエアインダクションボックスやチャンバー&センターパイプをセットとしたマフラーキットなど、よりスポーティな走りを求めるユーザーにはうってつけです。

SYMS URL:http://syms.jp/

住所:群馬県太田市本町43-15

 

AUTO PRODUCE A3 LEVORG

出典:http://www.apa3.jp/

出典:http://www.apa3.jp/

大阪府岸和田市に店舗を構え、岡山国際サーキットで精力的に走行会を開催しているオートプロデュースエースリー。

レヴォーグが発表された当初、トランスミッションのバリーエションがリニアトロニック(CVT)しか存在しないレヴォーグに落胆の声も多かったといいます。

どこがやるのかと思われる中、EJ20エンジン換装及び6MTミッション換装を行い、マニュアルトランスミッション化されたレヴォーグが、このオートプロデュースエースリーのデモカーなんです。

WRX(VAB)やインプレッサ(GRB)のパーツを駆使し、リアブレーキなどの兼ね合いからアイサイトの共存は諦めたものの、4代目レガシィBP5のS402を彷彿とさせるような理想のレヴォーグとなっています。

AUTO PRODUCE A3 URL:http://www.apa3.jp/

住所:大阪府岸和田市稲葉町216-5

 

East cloud 東雲 LEVORG

出典:http://www.sa-tokyobay.com/

出典:http://www.sa-tokyobay.com/

東京都江東区東雲にあるスーパーオートバックス東京ベイ東雲。

オートバックスの看板を掲げながら、スバル車向けのカスタム・チューニングパーツブランド East Cloud東雲(イーストクラウドしののめ)を展開しています。

サーキットでのスポーツ走行にも対応できるようオイルクーラーキットやCVTオイルクーラーキットの転ばぬ先の杖的なパーツから、ありそうでなかった「LEVORG」のエンブレムやグレードエンブレムなどオシャレアイテムもあります。

注目はEast CloudオリジナルのDELTABOX ECUで、パワーアップさせることはもちろん、インテリジェントモード選択時はスロットルを全開にさせず徹底的に燃費に振った燃調マップにするなど、スバル車には装備されている「S#」「S」「I」モードをより差別化し、ユーザーの声に応えたECUとなっています。

店舗にはシャーシダイナモを備えており、都心から近く大型店舗ということから、スバル車のみならず多くのユーザーが訪れるスーパーオートバックス東京ベイ東雲店、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

スーパーオートバックス東京ベイ東雲 URL:http://www.sa-tokyobay.com/

住所:東京都江東区東雲2-7-20

 

VARIS LEVORG

出典:http://varis.co.jp/

出典:http://varis.co.jp/

神奈川県相模原市に本社を構え、スーパーGTやスーパー耐久、タイムアタックシーンをパーツ開発の舞台としているバリス。

エアロパーツメーカーとしては知る人ぞ知るメーカーであり、VARISブランド以外にもBMWとMercedes-Benz向けのVRS、INFINITI M37とLEXUS RC向けのMAGNUM OPUS、織戸学選手のRIDOXブランドのエアロパーツを展開しています。

攻撃的なルックスはドレスアップはもちろんのこと、空力デバイスとしても折り紙付きで、見た目と性能の両立が図られており多くのユーザーを虜にし、多くのチューナーからの支持を得ています。

フルバンパータイプのフロントバンパーやフェンダーはWRX(VAB)と共通パーツ(品番違い)ですが、純正バンパー被せタイプのリップなどはレヴォーグ専用のものを用意しています。

VARIS URL:http://www.varis.co.jp/varis/

住所:神奈川県相模原市緑区牧野8420番地(本社)

 

まとめ

出典:http://www.btcc.net/

出典:http://www.btcc.net/

いかがだったでしょうか?

高性能4WDであり運転支援システムのアイサイトを搭載、ツーリングワゴンであることから荷物を多く積むことができ、それでいながらパワーもあるので高速道路を使って遠出も楽。

まさにいたせりつくせりなレヴォーグを、さらにカスタマイズすることで、またドライブに行きたくなること間違い無し!!

カスタマイズは十人十色、自分好みにレヴォーグをカスタムしてみて下さい!!

 

Writer Introduction
YE

愛車はスズキ スイフトスポーツ(ZC32S)。趣味はスポーツ走行。月に1~2回くらいのペースで関東圏のサーキットへ走りに行ってます。目標はプロドライバーよりも速いタイムを刻むこと。

車買取.com