Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYEntertainment

細く引き締まった身体が作れる!?レーシングカートでダイエットができるか考察してみた

世間では多くのスポーツがダイエットの方法として取り入れられています。そして、モータースポーツの世界で活躍するドライバーたちは、まるでボクサーのように引き締まった肉体を持ち、それが彼らのカッコよさをより一層引き立たせている事は確実。そんなレーサーたちが触れてきたレーシングカートは、実は楽しみながら効果的に引き締まった身体を作ることが出来るかもしれないのです。そこで今回はレーシングカートダイエットが実現可能かどうか、考察してみました。

 

出典:http://www.redbull.com

1レースで体重が2kgも落ちると言われているF1ドライバー

 

©Red Bull Content Pool

 

マシンを高速で走らせるレーシングドライバーは、一流のアスリートを凌ぐ肉体を持つと言われています。

その表情はヘルメットに隠されており目にする機会は中々ありませんが、非常に多くの体力を必要とし、彼らの体重は約90分間のレースでなんと2kgも落ちると言われているのです。

これはプロサッカー選手にも匹敵する値で、レースを戦う上で多くのエネルギーを消費している事を表しています。

そのため、多くのレーシングドライバーが細くしなやかで強靭な肉体を持っているのです。

ではダイエットという観点でモータースポーツを取り入れると、一体どのような効果が期待出来るのでしょうか?

 

レーシングカートは実はダイエットに向いている?

 

©RedBull Content Pool

 

ここからは、モータースポーツの中でも身近なところにあるレーシングカートを参考にしていきましょう。

レーシングカートはプロのレーシングドライバーもトレーニングとして取り入れており、そのシンプルさからくる、身体にかかる負担やインフォメーションを元に、ドライビングの感覚を養うために行われています。

また、このトレーニングの際に体に掛かる負荷が高いからこそ、消費するカロリーも多くなります。

成人1人当たりの1日のカロリー摂取の目安は、男性が約2400kカロリー、女性が約2000kカロリーだと言われていますが、レーシングカートは、約15分の走行で約200kカロリーを消費すると言われており、効率良くカロリーを消費することができるのです。

F1ドライバーが、1つのレースで2kgも体重が落ちるのはそのためで、約90分に渡って休むことなく身体を動かし、カロリーを消費し続けている事になります。

また、レーシングカートで走行している際の平均心拍数は約150程度と、少し速いペースでジョギングをしているのと同程度となるので、こちらも効率良くカロリーを消費することが出来るのです。

 

レーシングカートで細く引き締まった身体が作れる!?

 

©RedBull Content Pool

 

それでは、モータースポーツで理想とされるのは、どのような体形なのでしょうか。

レーシングドライバーが備えている筋肉は瞬発力に特化した大きな筋肉ではなく、持久力に優れている細くて長い筋肉が理想とされています。

ドライバーは狭いコックピットでドライブするうえ、体重が軽いことが直接的なメリットに繋がるので、大きく重い筋肉はモータースポーツには適していないのです。

そのため、細く引き締まった身体を目指したいという方には打ってつけのスポーツとなります。

また、ドライビングの際にはカロリーを消費するだけでなく、運転中に全身の筋肉を鍛えることが出来るので、脂肪が付きにくい身体を作ることも出来るのです。

 

他のスポーツと比べても効率良くカロリーを消費できる!?

 

©RedBull Content Pool

 

では、レーシングカートは他のスポーツと比べてみても効率的と言えるのでしょうか?

そこで、最近ダイエットで取り入れられているスポーツと比べて、15分当たりのカロリー消費量を見てみましょう。

レーシングカート:約200キロカロリー

ジョギング:約75~100キロカロリー

水泳:約200キロカロリー

ボクシング:約125キロカロリー

テニス:約100キロカロリー

カロリーの消費量は年齢や性別によって多少の増減がありますが、これらのスポーツではおおよそ上の数値ほどの効果が見込まれています。

ダイエットで用いられることが多いジョギングは15分で75~100キロカロリーを消費すると言われており、さらにに効果的と言われる水泳(クロールの場合)は15分当たり約250キロカロリーを消費します。

水泳は全身の筋肉をバランス良く鍛えられるというメリットもありますが、正しいフォームで泳がなければ効率が悪くなってしまうという側面がある事も事実。

また、水泳は全身の筋肉を万遍なく使うことがメリットに挙げられますが、レーシングカートも水泳と同じように全身運動をするため、ジョギングやテニスのように一部に偏って筋肉がついてしまう心配もありません。

最近では女性の方でもボクシングといった格闘技をダイエットに取り入れる方も増えていますが、それを上回るカロリー消費が見込めるのです。

さらに、レーシングカートは他のスポーツと同様に、初めての方でも自分のペースに合わせて取り組むことができます。

とにかく速く走らなければいけないと思う方もいるかもしれませんが、無理に周囲のペースに合わせる必要はなく、まずは自分のペースを掴むところから始めることができるのです。

 

レーシングカートに乗って”美ボディ”は作れる!?

 

©RedBull Content Pool

 

ここまでは、レーシングカートがダイエットに効果的かもしれないという事をご紹介してきましたが、なぜレーシングカートは細く引き締まった身体を作ることが出来るのでしょうか?

それは、走行中に筋持久力を高める運動を繰り返し行うことにあります。

カートのハンドルは市販車のようにパワーステアリングが付いていないため、初めての方は少し重く感じると思います。

少しハンドルを切るだけでマシンは旋回できるので、そのため市販車では頻繁に行う握り手を持ちかえる作業が無く、コーナーリング中はステアリングを切った状態が続くのです。

この時に使うのが二の腕の筋肉で、この箇所にじっくりと負荷をかけ続ければ、当然二の腕は引き締まりますよね。

また、コーナーでは横からのG(重力加速度)がかかるため、身体は自然とそれに抵抗することになり、体幹や普段使わない脇腹の筋持久力を高めることもできます。

これらの動きは加圧トレーニングのように少しずつじっくりと筋肉に負荷をかけるので、こうした作業を繰り返すことで細く引き締まった筋肉を付けるだけではなく、基礎代謝の増加にも期待ができるのです。

また、カートで走行する際にレーシングスーツを着用すると、長袖長ズボン状態かつ耐火素材のため、安全性が高まるだけでなくサウナスーツのようにより多くの発汗を促すことにも。

そして、走行前には他のスポーツと同様にしっかりと準備体操を行って、ケガや筋肉痛の予防ができる上に筋肉の柔軟性が高まり、より一層ダイエットとしての効果を高めることが出来るでしょう。

これまでレーシングカートに乗ったことがある方は、その運動量の多さをすでにご存知かもしれませんが、まだ未体験だという方はこの機会に一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

運動効率は申し分無し!デメリットは費用と時間?

 

©RedBull Content Pool

 

このように短時間で効率良く動くことができるレーシングカートですが、デメリットも存在します。

費用がかからず出来るジョギングなどと比べてコストが高いだけでなく、練習できる場所が限られているなど、そういった点が人によっては大きなデメリットに繋がってしまう場合もあるのです。

近年は少しづつ都市部でもカートに乗れる施設も増加していますが、多くのカート場が都市部からやや離れた郊外にあり、人によっては通うことが困難なケースもあります。

そのため、自宅から30分以内に通えるカート場が無いという人は、通うためだけに多くの時間を使ってしまうことになります。

また、費用の面を見てみると、カート場によって様々ですが、レーシングカートの走行料金は概ね10分で2~3000円程が相場となっています。

そのため、これを週に1度走行した場合は1ヵ月当たり1万円程度となりますが、一度の走行で物足りない場合は他のスポーツと比べて、多くの費用がかかる傾向にあります。

集中的に走行したいという方には、複数回走行できるお得なパックもありますが、これを週に1度通うとなると月に2万円程はかかることになり、他のスポーツのレッスン料より高額になってしまいます。

そのため、近場にカート場が無い方や、金銭的に抑えたいという方にはあまり向いていない種目と言えるでしょう。

では、効果的にレーシングカートをダイエットに用いるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

第2のダイエット種目として活用したいレーシングカート

 

©RedBull Content Pool

 

レーシングカートをダイエットに取り入れる上で、魅力的な点とは何なのでしょうか?

短時間で多く運動量が見込めることについては先ほども触れましたが、細く締まった筋肉を付けることが出来るので、スリムな筋肉質を目指したいという方にはうってつけのスポーツです。

激しい運動が出来るので体重を減らすということにも繋がりますが、体重の増減以上に見た目が細く見えるようになるなど、ぽっちゃりとした印象を拭い去ることに大きな効果が期待できます。

普段の体重を落とすためのダイエットと目的を分けて取り組むと、より一層効果を実感できるでしょう。

また、レーシングカートは他のスポーツととは違い、ある意味遊び感覚でもいられるため、未経験の人ほど楽しみながら取り組める所も魅力のひとつ。

これまで多くのダイエットを試してきたものの、途中で飽きてしまい続けられなかったという方にこそ、一度試して見ていただきたい方法です。

さらにカート場で走行するに当たって運転に関する技術を学べるのも嬉しいポイントです。

走行する際には、初めての方でも安全に楽しめるように簡単な講習も受けることができ、質問すると上達するためのテクニックを教えてくれる事もあります!

また、レーシングカートの場合は決められた曜日に通う必要も無く、自分に合ったタイミングで通いやすいというメリットもあります。(レース開催日などは走行できない場合もあるので、事前にカート場のホームページをチェックしておきましょう。)

ですので、毎日続けるダイエットと併せて、第2のダイエット種目として取り入れると走行費用を抑えることも出来るため、他のスポーツと並行して取り入れるという形が理想的ではないしょうか?

 

まとめ

 

レーシングカートは多くの体力を使い、細く引き締まった身体を作るうえで理想的なスポーツかもしれません。

ジョギングなど、毎日取り組めるダイエットも重要ですが、気分を変えて楽しみながら取り組めるのもレーシングカートの魅力と言えるでしょう。

また、ダイエットと並行して運転に関するテクニックが身につくのも嬉しいですね。

ダイエットの方法はたくさんあるので、自身に適したものを取り入れることがベストだと思いますが、いつものダイエットに飽きた、運転が好きだという方にはおススメのダイエット方法の1つかもしれません。

 

合わせて読みたい

F1ドライバーのトレーニングメニューにテトリス!?レースを勝つために必要なトレーニングとは

女性ドライバーの好きな男性のタイプは?三浦愛選手&小山美姫選手の恋愛観からトレーニングまで、素顔を大解剖!

VRレーシングシミュレータがゲームセンターに設置決定!VR体験テーマパークVR PARK TOKYOの狙いとは

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com