タフギアとしてのランクルはやっぱりコレ!と1984年の発売以来ファンから愛され続け、国内販売終了・期間限定復活を経て2023年11月には本格的な国内復活を果たした70系ランドクルーザー、通称「ランクル70」。その純正リアカメラ映像を車内の大画面モニターで見ようと、データシステム(東京都新宿区)からランクル70用の「リアカメラ接続アダプター」が新発売です!

40年を経た再デビューで最新装備も満載、ランクル70の純正リアカメラ映像を大画面で!

©データシステム

20年、30年と生産され続ける御長寿車は数あれど、「1984年の発売から40年も生産され続ける間に、2004年に一旦日本国内での販売終了、2014年から約10ヶ月の期間限定復活を経て、2023年11月に国内再デビューを果たした!」なんて70ランクルくらいでしょう。

それもこれも世界中でそのタフネスさを認められたヘビーデューティーSUV、いわゆる「クロカン(クロスカントリー車)4WD」であり、現行の300系や250系のような「豪華装備のラグジュアリー系ランクル」とは異なる、スパルタンな簡素さが魅力だったから。

しかし、さすがに40年も経てば基本設計以外の内外装はほとんど別物、最新のクリーンディーゼルを積み6速ATに各種電子制御デバイスや安全運転支援システムもテンコ盛り、リアヤカメラ(バックカメラ)も当たり前に純正装着です。

そうでもしなければ、各種の安全支援装備に慣れた現代のユーザーが一般用途で乗るには不便で危ないですし、それで事故を減らせるならむしろ歓迎すべきことですが、より便利に、安全にという要求はとどまる事を知りません。

リアカメラの映像は、これも標準装備の自動防眩ミラー(バックモニター内蔵)へバックの時に映し出されますが、ルームミラーへ補助的に小さく映し出されるのは、それなりに便利ではあるものの、少々物足りない…。

せっかくのカメラなら、ディーラーオプションや市販のカーナビ、モニターの大画面へ映せればもっと便利!安全で、純正カメラ映像をさまざまな画面へ出力できる、データシステム(東京都新宿区)の「カメラ接続アダプター(RCA series)」、ランクル70用に新発売です!

ルームミラーより大画面でリアカメラの映像を見ることができるので、大柄なランクル70でも後方確認を容易にして、安全性を高めるのに貢献します。

「ツインview-kit RCS095T」と組み合わせれば、ディーラーオプションのカーナビや、デンソーテン製のナビへも出力可能です。

ランドクルーザー70用リアカメラ接続アダプターの品番や適合車種、価格

©データシステム

今回発売されたランドクルーザー70用「リアカメラ接続アダプター」の品番や適合車種、価格などは以下のとおりです。

【商品名・品番】

リアカメラ接続アダプター  RCA042N

ツインview-KIT RC095T(※)

【価格】

RCA042N:税込8,382円(税別7,620円)

RC095T:税込9,350円(税別8,500円)

【適合車種・年式・型式】

トヨタ ランドクルーザー70

型式:GDJ76W

年式:R5.11~

【注意事項】

※ツインview-KIT RC095Tはディーラーオプションのカーナビ、デンソーテン製ナビなどへ出力させるためのパーツですが、ディーラーオプションナビ「NSDD-W61」、「DAN-W62」、「NSCD-W66」は除きます。

【製品URL】

https://www.datasystem.co.jp/products/c_adapter/index.html