皆さんこんにちは!Motorzのヤマトです!今週末は、日本のモータースポーツの中で、年に一度だけ開催されるお祭り、2019第48回サマーエンデュランス『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』が開催されます!絶対に見逃したくないこのレース。現地に来れない方のための観戦方法をご紹介します!

©MOBILITYLAND

Suzuka 10Hとは

©MOBILITYLAND

国内モータースポーツの歴史の中で、数々の名ドラマを生み出してきた日本屈指の国際サーキット、鈴鹿サーキットで行われる耐久レース。

それが『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』です。

元々は、1966年に「鈴鹿1000km」というレースからスタートし、文字通り1000kmを走り切る耐久レースとして開催されてきましたが、2018年から名称と内容を改め「サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」として生まれ変わりました。

50年以上続く歴史の中では、JSPC(グループCカテゴリの国内レース)やSUPER GTなどのレースのラウンドとして数えられることもありましたが、現在はインターコンチネンタルGTチャレンジ(以下IntGTC)という、GT3規格のマシンが争う国際レースシリーズの1戦として数えられています。

Suzuka 10Hの魅力

©MOBILITYLAND

Suzuka 10Hの魅力は、何といっても事実上、「日本人GT3ドライバー最速決定戦」であることでしょう。

4輪の国内最高峰レース、SUPER GTにもGT3マシンは参戦していますが、タイヤの違いやレース結果によるウェイトハンデなど、全車がイコールコンディションとは言えません。

もちろんSuzuka 10Hでも、SRO規定のBoPによるリストリクター装着義務や最低重量などの細かい規定はありますが、SUPER GTに参戦するJAF-GTやマザーシャシーのように別規格のマシンと合わせる必要は無く、”GT3のためのBoP”が規定されているので、かなり精度は高めです。

そして何より、タイヤはピレリのワンメイク!

シリーズ戦績に応じたウェイトハンデもないため、ドライバーたちの力量が試される、本当のガチンコ勝負となっています。

観戦方法

©MOBILITYLAND

10時間という長丁場と、30台以上のマシンがコース上をひしめき合うSuzuka 10Hでは、常にコース上のいたるところで手に汗握るバトルが勃発しています。

そんな、年に一度の”激アツ”なレースは、以下のリンクより無料で視聴することが可能です。

GYAO!無料完全LIVE配信!

SRO公式Youtubeチャンネル「GTWorld」LIVE配信(英語)

初の公道パレード

©Motorz

『鈴鹿1000km』から『Suzuka 10H』へとレースが変わった2018年。

鈴鹿市の協力のもと、GT3マシンによる公道パレードランイベントが開催予定でしたが、台風の影響によって中止となってしまいました。

©Motorz

そして迎えた2019年8月22日の天気は快晴!

1年越しに、パレードランが無事執り行われたのです。

©Motorz

©Motorz

走行コースは、鈴鹿サーキットから鈴鹿市のイオンモールまでの直線で、距離にして往復約6.6kmの道のり。

イオンモール鈴鹿で開催されているイベント「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」のプログラムのひとつとして、一般道を完全に封鎖して行われたパレードランは、チーム関係者から「始まる前はどれだけの人が集まるのかわからない」という意見も零れていました。

写真には写っていませんが、カメラ手前側は隙間に入ることを難しいぐらい人がびっしり。/ ©Motorz

しかしながら、サーキットを出てからイオンモール鈴鹿に近づくにつれ、モータースポーツファンや鈴鹿市の市民が沿道にびっしりと並び、参戦するGT3マシンを見送るという大盛況で終了したのです。

©Motorz


まとめ

©Motorz

1年に1度のお祭りレース、Suzuka 10H。

10時間耐久になってからはまだ2回目の開催ですが、決勝当日は激戦必至!

2019年8月最後の日曜日は、このレースを思い切り楽しんでくださいね!

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!