Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Car

今年は日本で見れるかも!?様々なレースで活躍するレッドブルカラーのマシン8選

F1をはじめ、様々なレースで大きな注目を集め、すっかりモータースポーツに浸透しているレッドブル。今年からスーパーフォーミュラ、スーパーGTなど国内のカテゴリーへの参入を発表し、話題となっています。そこで今回は様々なレースで活躍するレッドブルカラーのマシンたちをまとめてご紹介したいと思います。

©Red Bull Content Pool

ついに日本に上陸したレッドブルのマシン

出典:https://twitter.com/redbulljapan

レッドブルの育成ドライバーであり、近い将来F1に参戦すると見られているピエール・ガスリーが、スーパーフォーミュラに参戦することが発表されました。

昨年のGP2を制するなど大きな期待を背負う彼の参戦決定により、レッドブルカラーのマシンが日本のレースで見られることになり、開幕前から注目を集めています。

これを受けてファンの期待も日に日に高まっており、スーパーフォーミュラは例年以上に盛り上がりを見せることになりそうです。

では、レッドブルカラーのマシンは他にどのようなレースで見られるのでしょうか。

早速ご紹介していきたいと思います。

 

F1ではすっかりお馴染みのカラーリングに

©Red Bull Content Pool

まず最初にご紹介するのはレッドブルのF1マシンです。

2005年からF1に参戦してきたレッドブルは、チーム創設以前はザウバーのスポンサーとしてF1に関わってきました。

そして、翌2004年末にジャガーを買収する形でチームを結成すると、見事な成長を遂げていきました。

現在では競争力の高いチームとして知られており、2010年からは4年連続でダブルタイトルを獲得しています。

昨年はマックス・フェルスタッペンが史上最年少優勝によって大きな話題を呼び、王座奪還へ向け実りのある1年を送りました。

基本的なカラーリングは参戦当初から変わっておらず、紺を中心としたカラーリングはF1でもすっかりお馴染みとなっているのです。

©Red Bull Content Pool

こちらはレッドブルの兄弟チームとして1年遅れて創設された、トロ・ロッソのマシンです。

今季は従来のカラーリングを一新し、新フレーバーのドリンク缶がモチーフとなりました。

マシンの形状も含め、既にファンからは好評を得ています。

この鮮やかな青は様々なレースで見られるマシンたちとは一線を画す、レッドブルの中では斬新なデザインに変更されました。

©Red Bull Content Pool

これまでは猛々しい牛が目立つカラーリングで、レッドブルと同じように紺を中心としたカラーで親しまれてきました。

しかし兄弟チームとの間でカラーが類似しており、見分けにくいという意見も少なくはありませんでした。

今季のカラーリングによって見分けが容易になり、このイメージチェンジで、より一層レースでも目立つ存在となる事が予想されます。

 

ジュニアフォーミュラでも見られるレッドブルカラー

©Red Bull Content Pool

日本ではあまり見る事ができないシリーズでも、レッドブルカラーのマシンが活躍しています。

昨年までガスリーが所属したプレマのGP2マシンは、まるでレッドブルのF1マシンと見間違える程のビジュアルです。

このマシンをドライブしたガスリーは、見事王者に輝き、今季からスーパーフォーミュラへの参戦を実現させました。

レッドブルはこのように、育成ドライバーを送り込んだチームのカラーを大きく変える影響力を持ち、それはGP2だけに留まらずジュニアカテゴリーでもそのカラーリングが見られるのです。

©Red Bull Content Pool

ヨーロピアンF3に参戦するモトパークのマシンも、GP2と同じ理由でレッドブルカラーが登場しました。

現在レッドブルジュニアチームに所属し、トロ・ロッソのテストドライバーを務めるセルジオ・セッテ・カマラとニコ・カリの参戦により、このようなマシンカラーに至ったのです。

コックピット横にはフォルクスワーゲンのロゴが入っているなど、他のカテゴリーでは見られない組み合わせも面白い点ではないでしょうか。

また、このように育成ドライバーのマシンカラーを変えるだけでなく、その影響は時に彼らのヘルメットデザインをレッドブル缶のデザインに指定するというケースもありました。

 

©Red Bull Content Pool

2004年にレッドブルの支援を受け、F1に参戦したクリスチャン・クリエンや、2006年にベッテルがF1デビューを飾った際にそのヘルメットを着用していたのです。

このようなドライバーとスポンサーが一心同体とも言える、支援を行うマシンやヘルメットのカラーリングの根底にはドライバー育成に励むレッドブルの本気が見えるのではないでしょうか。

 

WRCでも活躍するレッドブルカラーのマシン

©Red Bull Content Pool

レッドブルカラーが見られるのはフォーミュラカーだけではありません。

今年すでに大きな話題を集めているWRCでは、近年無敵の強さを誇るセバスチャン・オジェのマシンにそのデザインを見ることができるのです。

昨年まではフォルクスワーゲンに支援を行ってきましたが、オジェの移籍に伴って今季からはMスポーツにレッドブルのデザインが刻まれる事になりました。

そして、開幕戦モンテカルロでオジェが優勝を飾ったこともあり、早くも注目の的となっています。

またレッドブルの公式サイトでは、WRCのライブ中継も行っており、WRCのさらなる発展を促す活動も行っています。

 

DTMやスーパーGTも!ツーリングカーのレッドブルカラー

©Red Bull Content Pool

最後にツーリングカーのマシンたちをご紹介しようと思います。

箱のF1とも呼ばれるDTM(ドイツツーリングカー選手権)のマシンがこちら。

2016年はマルコ・ウィットマンがドライブし、見事王者に輝く活躍を見せました。

DTMは日本では開催されていませんが、今年は同じく日本のツーリングカー選手権である、スーパーGTでレッドブルカラーのマシンが登場するかもしれません。

なぜなら、スーパーGTに参戦する平川亮がレッドブルアスリートのメンバーに加わったからです。

その事により、彼がドライブする37号車が、今季からはレッドブルカラーになるのではないかと予想されているのです。

この発表の際に、レッドブル公式ツィッターで「スーパーGTに翼を授ける」と投稿しており、スーパーフォーミュラに続いて日本のトップカテゴリーへ進出し、さらに多くの視線を集めることになりそうです。

 

まとめ

©Red Bull Content Pool

多くのレッドブルカラーのマシンをご覧頂きましたが、どのマシンにも共通して言えるのは中途半端な事はしないということ。

スポーツに支援を行うのではなく、その一部になることがレッドブルの理念であり、参戦することの意義だと創始者であるディートリッヒ・マシテッツは語っています。

その証拠はカラーリングにも表れており、どのマシンを見てもレッドブルのカラーに染まっている理由とも言えるのではないでしょうか。

レッドブルカラーのマシンたちは、今季も国内外を問わず、ファンを楽しませてくれる存在となりそうです。

 

あわせて読みたい

レッドブルカラーのマシンが日本上陸!ホンダが2017年参戦体制を発表

ついにメルセデスに勝った!レッドブル、1・2フィニッシュ!ハミルトンは悔しいエンジンブロー!

レーシングドライバー育成システムってなんだ!?今一番、結果を出している「レッドブル育成プログラム」に迫る!

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com