Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Racerz, Bike

ホンダを世界の頂点に導き、世界中に愛されたライダー。ニッキー・ヘイデンとは

2006年のロードレース世界選手権MotoGPクラスチャンピオンで、WSBKに参戦中であり、2016年には、8耐にMUSASHI RT HARC-PROから参戦もした”ニッキー・ヘイデン”皆さんは知っていますか?

https://secure.motogp.com

出典:http://www.motogp.com/

ニッキー・ヘイデン:プロフィール

https://secure.motogp.com

出典:http://www.motogp.com/

 

名前:ニッキー・ヘイデン(Nicholas “Nicky” Patrick Hayden)

生年月日:1981年7月30日

出身地:アメリカ

バイクに乗り始めたのは3歳。

そして5歳の時にはすでにレースに出場していたというニッキー・ヘイデン。

初タイトルは7歳の時に出場したAMAグランドナショナルダートトラック選手権のアマチュアクラス。

幼いころからトップライダーとしての才能を発揮し続けます。

そして1997年には、最も優れたアマチュアレーサーに贈られるAMAホライズンアワードのダートトラック部門賞を受賞するという、誰の目にも明らかなその才能で着実にステップアップしていきました。

徐々にロードレースに活動の中心を移していったニッキー・ヘイデン。

1999年にはAMAスーパースポーツ(600cc)でチャンピオンを獲得。

2002年には国内最高峰のAMAスーパーバイクで史上最年少のチャンピオンに輝き、翌年(2003年)からは、HONDAのワークスライダーとしてロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦を開始します。

 

ニッキー・ヘイデン:主なレース戦歴

1998 AMA 750SS 4位、AMA 600SS 4位
1999 AMA スーパーバイク 22位、AMA 600SS チャンピオン、AMA フォーミュラエクストリーム 2位、AMA 600SS 4位
2000 AMA スーパーバイク 2位
2001 AMA スーパーバイク 5位
2002 AMA スーパーバイク 3位
2003 世界選手権 MotoGP 5位 (ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得)
2004 世界選手権 MotoGP 8位
2005 世界選手権 MotoGP 3位
2006 世界選手権 MotoGP チャンピオン
2007 世界選手権 MotoGP 8位
2008 世界選手権 MotoGP 6位
2009 世界選手権 MotoGP 13位
2010 世界選手権 MotoGP 7位
2011 世界選手権 MotoGP 8位
2012 世界選手権 MotoGP 9位
2013 世界選手権 MotoGP 9位
2014 世界選手権 MotoGP 16位
2015 世界選手権 MotoGP 20位
2016 世界選手権 MotoGP 26位 ※14,16戦のみ
スーパーバイク世界選手権 5位
2017 スーパーバイク世界選手権 10位

 

2003年から、ホンダワークス・チームのレプソル・ホンダから、ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦を開始したニッキー・ヘイデン。

チームメイトは現在もYAMAHAで大活躍中のバレンティーノ・ロッシでした。

ロードレース世界選手権参戦初年度から、第13戦パシフィックGPと第15戦オーストラリアGPで3位表彰台を獲得するという快挙を成し遂げ、年間ランキング5位、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。

そして、参戦3年目となる2005年にはポール・トゥ・ウイン!

初の優勝を獲得した他、6度の表彰台登壇を果たし、ランキング3位という好成績でシーズンを終えます。

そしてその翌年の2006年、990cc最後の年に、世界最高峰クラスのチャンピオンを獲得します。

 

2016年鈴鹿8時間耐久ロードレース参戦

http://www.motogp.com/ja

出典:http://www.motogp.com/

ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦を開始した2003年、ホンダワークスチーム「セブンスターホンダ」(HRC)から鈴鹿8時間耐久ロードレースに初参戦したニッキー・ヘイデン。

ホンダVTR1000SPWで清成龍一とタッグを組みタイトルを狙います。

しかし、決勝のオープニングラップでコース上に出たオイルに乗って転倒してしまい、マシンが大破。

ほぼレースをしないままリタイアとなってしまいます。

そんな悔しい経験を持つニッキー・ヘイデンが2016年、#634 MuSaShi RT HARC PROから8耐に2度目の参戦を果たしました。

「13年前、わずか1周で終わった鈴鹿8耐の続きを戦いに来たんだ。そしてこのレースのトロフィーを、僕のコレクションに加えたいんだ」そう語っていたニッキー・ヘイデンでしたが、午前11時30分からレースが始まっておよそ2時間45分が経過したころにマシントラブルが発生。

ヘアピン付近からは惰性で走行となってしまい、自走でピットに戻ることは不可能と判断したニッキー・ヘイデンはマシンを止めます。

その後、マシンは回収されますが、午後3時ごろにチームからリタイヤの届けがあり、13年越しの夢は叶うことはありませんでした。

当時の取材では、ピット裏で大きく肩を落として歩くニッキー・ヘイデンの姿も見られ、このレースに対する思いが非常に高かったことは間違いなかったと思われます。

 

突然の不幸

2016年鈴鹿8耐テストにて、中須賀選手とヘイデン選手(©Motorz)

2017年5月17日、ニッキー・ヘイデンに不幸が襲い掛かります。

イタリアで自転車によるトレーニング中、交差点に進入した際に、横から来た自動車と衝突事故が起こり、車側のフロントガラスは大破。ルーフすらも大きくへこんでいたことから、衝突時の衝撃が大きかったことを物語っています。

また、ニッキー・ヘイデンが使用していた自転車もフレームが真っ二つになっていたとの報道が行われています。

即座に病院へと搬送されましたが、外傷による脳の損傷や、大腿骨や骨盤の骨折、頸椎も複数骨折という非常に危険な状態。

生命維持装置を繋ぐことで、昏睡状態ながら命を繋いでいましたが、5日後の5月22日に死亡が確認されました。35歳という若さでした。

 

 

まとめ

©Motorz

MotoGPからWSBKに戦いの場をうつし、2016年は1度の優勝とランキング5位。

2017年も活躍が期待されていた彼を突然襲った不幸は、悔やんでも悔やみきれません。

『基本的に僕はバイクそのものが好きなんだ。』そう語ったニッキー・ヘイデン。

35歳という若さでこの世を去った彼の、今後の活躍がもう見れないということは、世界中のロードレースファンの損失であることは間違いないでしょう。

 

 

ニッキー・ヘイデン公式HP→https://nickyhayden.com/

 

あわせて読みたい

ロッシも憧れた天才ライダー!”ノリック”こと阿部典史を知っていますか?

伝説のレーシングライダー!バレンティーノ・ロッシを皆さんは知っていますか?

鈴鹿8耐常勝軍団ホンダ!2016年のホンダ要注目チームをご紹介します!

誰もが愛し、誰もが憧れたライダー、加藤大治郎を知っていますか?ヴァレンティーノ・ロッシに最大のライバルと認められた唯一の日本人ライダーとは?

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com