Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Bike

今年はどうなった!?MotoGP™日本グランプリ各クラスの優勝マシン&ライダーをご紹介!

2017年10月13~15日、栃木県にあるツインリンクもてぎで開催されたMotoGP™第15戦日本グランプリ。レースWEEKを通して生憎の雨と寒さに見舞われましたが、現地ではそんな悪天候を忘れて見入ってしまうほどの激戦が繰り広げられました。そんな第15戦日本グランプリでの各クラスの優勝マシン&ライダーを改めてご紹介したいと思います。

 

©Chika Sakikawa

 

 

MotoGP™クラス 優勝:DUCATI TEAM/#04 Andrea DOVIZIOSO

ライダー:Andrea DOVIZIOSO (アンドレア・ドヴィツィオーゾ)

 

出典:http://www.motogp.com/

 

予選では9番手と3列目スタートとなってしまったドヴィツィオーゾ。

しかし、オープニングラップが終わる頃には5番手まで順位を上げ、その後もトップ集団に食らいつきます。

そして着々と前との距離を詰め、19LAP目には#93 Marc Marquezを交わしトップへ。

ランキング1位と2位の一騎打ちとなります。

その後最終ラップまで激しく順位を入れ替えながら、最終ラップのビクトリーコーナーまでテールtoノーズの接戦を繰り広げ、勝利を手にしました。

プロフィール

名前:Andrea Dovizioso (アンドレア・ドヴィツィオーゾ)

生年月日:1986年3月23日

国籍:イタリア

体重 : 67 kg

身長 : 167 cm

チーム:DUCATI TEAM

マシン /タイヤ : Ducat Desmosedici GP-17 / MICHELIN

ランキング(第15戦 終了時) : 2位 (トップ #93 Marc MARQUEZ との差11point)

MotoGP™参戦10年目、過去最高順位3位(2011年)

Andrea Dovizioso公式サイト: http://andreadovizioso.com/dovi2015/

 

マシン:Ducati Desmosedici GP-17

 

©Chika Sakikawa

 

マシンスペック

エンジン:DOHC 90度V型4気筒 4ストローク  水冷エンジン

排気量:1,000cc

最高速度:350 km/h以上 (218 mph)

トランスミッション:6速 ドゥカティシームレストランスミッション (DST_EVO)

フレーム:アルミニウム合金製 ツインスパーEVO

燃料:シェルレーシング製V-Power

オイル:Shell Advance Ultra 4

タイヤ:ミシュラン製17インチ

乾燥重量:157 kg

 

©Chika Sakikawa

 

昨シーズン6年ぶりにオーストラリアグランプリで優勝を果たしたDucati Desmosedici。

その勝利をきっかけに、マレーシアグランプリでも勝利。

そして2017年シーズンは好調な走りを見せていて、マシンの確実な仕上がりを感じさせます。

主な特徴としてはMotoGP™クラスでは少数派となっているカーボンファイバー製スイングアームを採用している点、そして90度のV型エンジンはタイヤの回転方向とは逆回転するクランクシャフトで不等感覚爆発を採用している点。

また、フロントウィングをいち早く装着し、フロントマスクが独特なデザインとなっていて、その空力効果にも注目が集まっています。

 

ポイントランキング(第15戦 終了時)

 

 

moto2™クラス 優勝:EG 0,0 MARC VDS /#73 Alex MARQUEZ

ライダー: Alex MARQUEZ (アレックス・マルケス)

 

出典:http://www.motogp.com/

 

前日の予選では2番グリッドを獲得するもスタートで出遅れ、オープニングラップでは4位にポジションを下げてしまったマルケス。

しかし、2LAP目から2分8秒台とハイペースで周回を続け、着々と前との距離を縮めて行きます。

そして10LAP目にはポールスタートでトップ快走中の#30 中上貴晶を交しトップに浮上。

そのままペースを上げ続け今季3勝目を挙げました。

プロフィール

名前:Alex MARQUEZ (アレックス・マルケス)

生年月日:1996年4月23日

国籍:スペイン

体重: 65 kg

身長: 180 cm

チーム:EG 0,0 Marc VDS

マシン /タイヤ : KALEX / DUNLOP

ランキング(第15戦 終了時) : 3位 (トップ #21 Francesco MORBIDELLI との差76point)

moto2™参戦3年目、過去最高順位13位(2016年)

兄はMotoGP™参戦中の#93 Marc MARQUEZ (マルク・マルケス)

Alex MARQUEZ公式サイト: http://www.alexmarquez73.com/

 

マシン: KALEX

 

©Chika Sakikawa

 

マシンスペック

エンジン:4気筒 4ストローク 水冷のHonda Racing Kit

排気量:600cc

最高速度:275km / h以上

トランスミッション:Moto2 FCC仕様

燃料タンク:アルミニウム

ボディ:カーボンファイバー

タイヤ:ダンロップ製17インチ

乾燥重量:135 kg

 

©Chika Sakikawa

 

HONDAの市販バイクであるCBR600RRエンジン、そしてダンロップタイヤのワンメイクレースとなっているmoto2™クラス。

エンジンとタイヤは同スペックのイコールコンディションとなるので、マシンの性能を分けるのはフレーム(シャシー)性能!

そんなフレームコンストラクターの1社であり、現在moto2™クラスでナンバーワンシェアを誇るカレックス・エンジニアリングが製造したマシンが”KALEX”なのです。

 

ポイントランキング(第15戦 終了時)

 

 

moto3™クラス 優勝:Marinelli /#5 Romano FENATI

ライダー:Romano FENATI (ロマーノ・フェナティ)

 

出典:http://www.motogp.com/

 

朝のウォームアップ走行時に起きたアクシデントのオイル処理により、決勝のスタート時間が約1時間ディレイするという波乱の幕開けとなったmoto3™の決勝レース。

2列目6番グリッドからスタートしたフェナティは好スタートを決め、一気にトップ争いへ。

そして、3LAPには前を走る#23 Niccolò ANTONELLIを交しトップに躍り出ると、驚くべき速さで2位以下を引き離し独走状態へ。

そのまま安定した速さでレースをリードし、トップでチェッカーを受けました。

プロフィール

名前:Romano FENATI (ロマーノ・フェナティ)

生年月日:1996年1月15日

国籍:イタリア

体重: 62 kg

身長: 165 cm

チーム:MARINELLI RIVACOLD SNIPERS

マシン /タイヤ : HONDA / DUNLOP

ランキング(第15戦 終了時) : 2位 (トップ #36 Joan MIR との差55point)

moto2™参戦6年目、過去最高順位4位(2015年)

Romano FENATI公式サイト :  http://www.romanofenati.it/

 

マシン:HONDA  NSF250RW

 

©Chika Sakikawa

 

マシンスペック

エンジン:DOHC 4ストローク  単気筒  水冷エンジン

排気量:250cc

トランスミッション: 6速

フレーム:アルミニウム

タイヤ:ダンロップ

乾燥重量:84 kg

 

©Chika Sakikawa

 

4ストローク250㏄の単気筒エンジンを搭載したマシンで戦われるmoto3™クラス。

今回優勝したフェナティが駆るのは、HONDAの2017年型NSF250RW。

今季moto3に参戦している、全34台中15台を占めるという大きなシェアを誇るHONDAのワークスマシンです。

また、タイヤはダンロップのワンメイク!

コンストラクターの選択に加え、マシンのセッティングをどこまでタイヤに合わせていけるかも勝つために重要な鍵となっています。

 

ポイントランキング(第15戦 終了時)

 

 

まとめ

年に1度、日本で開催されるMotoGP™日本グランプリ。

毎年、この日だけは現地観戦!というロードレースファンの方も多いと思います。

そして、生の世界最高峰ロードレースを実際に見て、前よりもっとMotoGP™が好きになったという方もいるのではないでしょうか?

そんなレースの臨場感や迫力、だけでなくライダーやマシンに興味を持ってみるともっともっと楽しめるはず。

今シーズンも残り3戦!

次戦は今週末(10月22日)オーストラリアグランプリです。

余すと来なく楽しみつくしてくださいね。

 

合わせて読みたい

[2017MotoGP™日本グランプリ決勝結果速報]波乱となったフルウェットのもてぎを制したのは、まさかのDUCATI!

決勝レースに向けて再確認![MotoGP日本グランプリ予選結果]PPを獲得したのは、もてぎ3年連続となるYAMAHAの!?

最高速は350km/hオーバー!?最新テクノロジーの詰まった各メーカーのMotoGPマシンとは

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com