Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews

GLM G4 Japan Premiere 国産初のEVスーパーカー誕生!価格は4000万円~

京都発の電気自動車(EV)メーカーGLM株式会社から、昨年パリのモーターショーで公開された『GLM G4』が遂に日本でも発表されました!2019年の量産を目標に、日本初のEVスーパーカーを目指して開発されているこの車両は、何を目指し、どのように今後展開していくのでしょうか?

©Motorz

 

GLM-G4車両コンセプト

©Motorz

コンセプトは『Road Yacht(ロードヨット)』。

路上を走るヨットをイメージしていて、現代のラグジュアリーカーの新境地を拓く、新時代の「グランドツーリングカー(GTカー)」という位置づけを目指し、開発が進められています。

 

インテリアは、白を基調とした美しい仕上がり。©Motorz

 

特徴は、クーペスタイルの外観ながら4ドアかつ4シーターを実現している点で、スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員が移動を優雅に楽しむことができる快適性を確保しています。

GLM代表取締役社長 小間裕康©Motorz

代表取締役社長 小間裕康氏コメント
「約7年間、当社は自動車メーカーとしての実績を作ることに注力してきました。その上で『人々がワクワクするような時間を提供できる車』をつくることを掲げてきました」
「そして今、G4の開発で、一歩前に、歩を進めようとしています。ZZで目指したのは『童心に帰る、子どものように楽しめる時間を与えてくれる車』でした。一方でG4は『官能的な時間を与えてくれる車』を目指します。日常の喧騒から離れるため、鞄ひとつで旅に出かけ、歴史に触れ、アートに触れ、音楽に触れ、食に触れ、一つまた豊かな時間を送る。そういったきっかけを与えてくれる車、そういった気持ちにさせてくれる車です。つまり、利便性だけではない、何か大事なものを気づかせてくれる車です。便利とは異なる官能的な世界を届けていきたい、そう心から思う次第です」
「当社がこうした取り組みを実現できるのも、日本に、非常に優れた自動車技術があるからです。GLMは、そうした技術をもつ素晴らしい会社に支えられています。GLMはその高い技術を結集して、自動車の可能性を飛躍的に高めていきます。我々はG4を日本のテクノロジーショーケースとなる作品として世に送り出し、日本の素晴らしい技術が世界各国の自動車に組み込まれる、そんな未来を描いています。」

販売目標1,000台を目指して

ドアの開き方は、他に類を見ない独特な形状。©Motorz

日本初のEVスーパーカーとして、2016年パリモーターショーでコンセプトモデルが公開された『GLM-G4』。

当時も、その前後ドア4枚が跳ね上がる「Abeam Sail door(アビールセイルドア)」が採用されたデザイン性の高い外装や、高い性能からかなりの注目を集めましたが、なんと、この度2019年の量産を目指し、想定価格4000万円での販売が発表されたのです。

シフトノブはなく、センターコンソール上部のボタンでギヤを選択可能©Motorz

そして今後は、各国のモーターショーに出展し、世界的なマーケティングの展開を予定!

販売台数は1,000台を目指し、同車だけで400億円程度の売り上げを目標をとして事業を展開していきます。

 

GLM G4 スペック

フロントには、ロゴが入った6ポットキャリパーと大径ディスクローターを装備。©Motorz

GLM G4のスペック
駆動方式:4WD
搭載モーター:Multi saliency power packeage×2基(専用開発品)
最高出力:400kW(540馬力)
最大トルク:1000Nm(101kgm)
0-100km/h加速:3.7秒
最高時速:250km/h
航続距離:400km

特長
・専用開発の高効率・高出力なモーター「Multi saliency power package(マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ)」による様々な走行シーンでの効率と運動性能を向上。
加えて同パッケージを前後に2機搭載し、協調制御を行いながら、走行性能を向上させます
・トランスミッション(伝動装置)の多段化で、パワートレインの出力に左右されない運動性能の向上
・IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタと呼ばれる大きな電流や電圧に耐えるパワー半導体)の改良によるスイッチングロス(電気回路の開閉で生じる電力損失)低減と電費の向上
・シャシー構造に複合素材を採用、軽量かつ強固に加えて、多車種への応用が可能。
本パッケージをベースに車を開発すればコストを圧縮できます

販売予定価格:40,000,000円

 

 

世界のEVスポーツとの0-100km/h比較

後部座席も、体をホールドしてくれるバケットシート形状。©Motorz

GLM G4はスペックだけ見ても、非常にハイスペックなクルマであることがわかりますが、世界のEVと比べると、どのようなクルマと同じ水準なのでしょうか?

近年各メーカーでも取り入れている0-100km/h加速で、世界のEVスポーツと比較していきます。

 

テスラ モデルS P100D 2.7秒

出典:https://www.tesla.com/

世界中が注目するアメリカはシリコンバレー発のEVメーカー、テスラ。フラッグシップであるモデルSは、0-97km/h加速(0-60mph加速)を2.7秒という、スーパーカー顔負けの加速力を持った一台。

価格は1700万円台と非常に高額ではありますが、G4と比べると2300万円ほど安く、ある意味、今いちばん手が出しやすいEVのひとつなのかもしれません。

なお、このモデルS P100Dは、EGT(エレクトリックGT)というEVレースへの参戦が決定しており、レース車両は0-100km/hを2.1秒というタイムを記録。

現時点では1秒以上G4の方が遅いことになりますが、量産までの2年の開発を経て、EGTでの直接対決が見てみたい一台です。

駆動方式:AWD(前後モーターによる4輪駆動)
搭載モーター:2基
最高出力:760馬力
最大トルク:967Nm
0-97km/h加速:2.7秒
最高時速:250km/h
航続距離:613km(欧州基準)
販売価格:17,041,000円

 

NextEV NIO EP9 2.7秒

世界最高峰のEVフォーミュラレースである、フォーミュラEの初代シリーズチャンピオンにも輝いた中国のメーカー「NextEV」の独立ブランドから発表されているNIO EP9

モーターを4基搭載し、最高出力はなんと1300馬力オーバーという、スーパーカーを超えたハイパーカーです。

このクルマ、世界各国のEVスポーツが持つ記録を次々塗り替えており、ニュルブルクリンク北サーキットでは7分5秒12というタイムを記録。

これは、和製スーパーカーである日産R35GT-Rより持っていた7分08秒68という記録よりも3秒も速い驚異のタイムです。

価格はおよそ1億3千万円と、G4とは少々ステージの違う一台ではありますが、いつか直接対決も見てみたい一台です。

駆動方式:AWD(前後モーターによる4輪駆動)
搭載モーター:4基
最高出力:1,341馬力
最大トルク:1480Nm
0-100km/h加速:2.7秒
0-200km/h加速:7.1秒
最高時速:320km/h(200mph)
航続距離:426km
販売価格:約130.000,000円(120万ドル)

 

AMZ(Academic Motorsports Club Zurich)グリムゼル 1.5秒

2017年時点で、0-100km/h世界最速のEVは、スイス連邦工科大学チューリッヒ校の学生達が作ったこちらのフォーミュラのようです。

パワーはおよそ200馬力と、スポーツカー並ですがトルクは驚きの170kgm越え。

そして車重がなんと168kgという超軽量な車体で、驚異の0-100km/h1.513秒と言う記録を達成しています。

市販されているわけではないので、比較としては成立しませんが、EVの未来を感じざるを得ない一台であることは、間違いありません。

 

 

車体内部動画も公開!年内には走行シーンの公開も予定

GLM社は、同車の量産化実現に向け、自動車設計エンジニアらの採用も強化しており、「ゼロから車を開発したい」という夢を追いかけた多くの人々が開発に携わっています。
藤墳裕次(ふじつ かゆうじ)というトヨタ自動車でレクサスシリーズのアンダーボディー(車台)の設計課長を務めた技術本部長を先頭に、日産自動車やスバル、ダイハツなど自動車メーカーや、三菱重工やアイシン精機などサプライヤー等からエンジニア15人(社員22人中)が集まっており、まさに精鋭部隊と呼ぶに相応しい会社です。
そして、今後のG4の開発に向けてその技術者の人数を倍の30人程度に増やしたいという意向を明言しました。

まとめ

©Motorz

GLM取締役の田中智久氏は「今後は和製テスラのようになっていくのか?」という質問に対しこう回答しています。

「ご質問いただいたように、私ども和製テスラと言われることが多いのですけれども、私たちが見ている世界は少し違うところがあります。

例えるなら、私たちが目指すのはEV版のフェラーリ。というような高付加価値を提供できる企業を目指しています。」

 

©Motorz

また、GLM代表取締役社長である小間裕康氏は、今後の展望として

「我々の車に搭載されている技術を、他車に提供していきたい。

日本のテクノロジーというものを、まず自分たちの”非常に尖った車”に埋め込んで体現し、しっかりとお客様に楽しんでもらう。

その上で、その技術の良質さを知った会社様に、日本の技術を提供していく。

最終的には、自動車産業に自動車業界以外の企業を巻き込んで、自動車を使った新たなビジネスを作り上げたい。」

とも回答していました。

 

おそらく、2019年に販売が開始された際には世界中が注目するであろうEVスーパーカーGLM G4。

量産の暁には、世界中のEVにMade in Japanの技術がふんだんに使われた車両が生まれるきっかけとなる、革命的な一台になるかもしれません。

 

あわせて読みたい

「自分たちだけでクルマを作る」夢に挑むベンチャー企業「GLM」が突き進む未来とは?

テスラモデルS カスタムカー5選!世界も日本も、本気のEVカスタムがカッコいい!

テスラモーターズに行ってみた!あなたはテスラモーターズを知っていますか?

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com