Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRacerz

夢を持って世界に挑んだ。70年代のF1を戦った6人の日本人ドライバーとは

これまでF1には多くの日本人ドライバーが参戦してきましたが、そのパイオニアとも呼べるドライバーたちをご存じでしょうか。日本人ドライバーのF1参戦は1970年代まで遡り、日本のモータースポーツ史を語る上で欠かすことの出来ない戦いを繰り広げてきました。そこで今回はかつてF1に挑んでいった日本人F1ドライバーをご紹介したいと思います。

©︎富士スピードウェイ

 

ル・マンにも挑んだ日本人初のF1ドライバー

出典:https://www.facebook.com/hiroshi.fushida

まず最初にご紹介するのは日本人として初めてF1に参戦した鮒子田寛(ふしだ ひろし)です。

日本人初のF1ドライバーと言えば中嶋悟を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、スポット参戦を含めると彼が初めてF1GPに挑戦したレーシングドライバーでした。

同志社大学に通っているときに友人と共に鈴鹿サーキットでの走行を始めた彼は、その翌年に早くもホンダの契約ドライバーに選ばれます。

その後、国内のレースで活躍し、1966年にはトヨタのワークスドライバーに20歳という若さで抜擢されました。

そして、当時Gr7レーシングカーを主に争われた日本グランプリなど、国内の大きなレースに出場し好成績を収るのです。

1972年には富士グランチャンピオンレースで年間王者に輝くと活動の幅を海外に広げ、その翌年には生沢徹と共に日本人初となるル・マン24時間レースに出場します。

残念ながら結果はリタイアに終わってしまいますが、その3年後の1975年にはル・マンだけではなくF1やバサースト1000kmなど世界的にも有名なレースに積極的に挑戦しました。

また、日本で生まれたチームのマキ・フォードから2戦出場したF1では、2戦とも予選落ちという結果に終わりましたが、まだ日本GPが開催される以前に参戦を果たした唯一のドライバーとして知られる事になりました。

そしてこの年に参戦したバサースト1000kmではマツダ・サバンナRX-3をドライブし2リッタークラス優勝、総合5位に入る快挙を達成し、注目を集めます。

1982年に現役を引退した後は一時は家業を継ぐためにレースから離れますが、トヨタのル・マン参戦の指揮を執るなど監督業でも手腕を発揮しました。

現在では多くの日本人が海外のレースへ挑戦していますが、彼はその先駆けであり、日本人が世界のレース挑むという意識を与えた人物なのです。

 

映画「RUSH」の舞台で激走を見せた日本人ドライバー

©︎Tomohiro Yoshita

続いてご紹介するのは映画「RUSH」でもお馴染みの、1976年F1世界選手権・イン・ジャパンで激走を見せた長谷見昌弘です。

国産のF1マシンであるコジマ・KE007をドライブし、日本の技術、そしてドライバーが世界に衝撃を与えたこのレースは、日本のF1史のなかで欠かすことの出来ない1戦として知られています。

当時F1では計3回の予選が行われていたのですが、長谷見は初参戦にも関わらず最初のセッションでなんと4番手に食い込む速さを見せたのです。

そして、セッション終了後には予定されていなかった記者会見が行われ、海外メディアからも大きな注目を集めました。

©︎富士スピードウェイ

それでも長谷見はまだ余力を残しており、午後に行われた2回目の予選ではさらに上位を目指すべく渾身のアタックを敢行します。

そして、余力を残していたという言葉通り、途中計測ではそれまでから1秒近く速いタイムを刻みますが、最終コーナーでマシンに異変が発生し、バリアに激突する大クラッシュ!

ドライバーはなんとか無傷だったのですがマシンは大破しており、翌日以降の参戦は不可能だと思われました。

しかしチームと観戦に来ていたレースエンジニアたちが総動員で修復作業に当たり、レース当日にようやく修復が完了し決勝に挑みます。

そして、メカニックたちに感謝の気持ちでいっぱいでしたと語る長谷見は、手負いのマシンにも関わらず彼らの気持ちに応えるかのように雨となったレースで激走を見たのです。

結果は11位完走。予選後に期待された結果には及びませんでしたが、日本人ドライバーとして初めてF1を完走しただけでなく、日本のマシンとドライバーが世界を驚かせる速さを示した1戦でした。

 

まだまだ続く日本人F1ドライバー。

次のページでは、日本一速い男や、黒い稲妻なんて名ドライバーが登場しますよ!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com