Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

スーパー耐久2017開幕!ホンダvsアウディのST-Rクラスに注目が集まる!

いよいよ2017年のモータースポーツが開幕。今年もスーパーGTやスーパーフォーミュラより早く、スーパー耐久シリーズが開幕。早速Gr.2の決勝レースがツインリンクもてぎで行われた。今季の注目は何と言っても新設されたST-Rクラス。先日スーパー耐久とTCRがパートナーシップを締結し、今後一番盛り上がるクラスに発展していく可能性も十分高い。今回はホンダシビックTYPE-RとアウディRS3 LMSがガチンコ勝負。その結果は、果たしてどうなったのだろうか。

©︎Tomohiro Yoshita

新しい「買えるレーシングカー」TCR

©︎Tomohiro Yoshita

ここ数年、FIA-GT3を中心に、メーカーがカスタマー向けに量産レーシングカーを開発。それを購入してレースに参戦するプライベーターチームが増えている。

TCRも、それと同様のカテゴリーで、今回はホンダシビックTYPE RとアウディRS3 LMSが計4台参戦。シーズン中にはフォルクスワーゲンのマシンが登場することが決まっているほか、来年以降も新しい車種が増えるのではないかという噂があるなど、注目を集めているカテゴリーだ。

©︎Tomohiro Yoshita

ホンダシビックTYPE-Rは、一見WTCCに参戦しているマシンと同じように見えるが、全くの別物。しかしマシン開発を担当しているのはWTCCでお馴染みのJASモータースポーツ。かつてスーパーGTにも参戦していた童夢がメンテナンスを担当し2台がエントリー。元F1ドライバーの中野信治や元世界GPライダーの伊藤真一が参戦するほか、シーズン中には土屋圭一や道上龍も乗り込む予定だ。

©︎Tomohiro Yoshita

アウディは、DTMなどレーシングカー開発部門であるアウディ・スポーツが製作したものを日本の2チームが走らせる。現地からもスタッフがやってきて、全力でサポートにあたる。こちらもスーパー耐久では経験豊富な田ヶ原章蔵や白坂卓也などが参戦。開幕戦から「ホンダvsアウディ」の一騎打ちとなった。

 

予選ではアウディが先行するも…決勝はホンダが圧勝

©︎Tomohiro Yoshita

雨上がりの早朝に行われた予選ではアウディが先行。No.45 LIQUI MOLY RS3 LMSがポールポジションを獲得。まずは一歩リードしたかに見えたが、決勝が始まると完全にホンダのペース。

No.98 Modulo CIVIC TCRが好スタートを決めてクラストップに浮上。アウディとの差を広げにかかるが、コントロールライン通過前に他車を抜く「ジャンプスタート」をしていたとして痛恨のドライブスルーペナルティを受けてしまう。

©︎Tomohiro Yoshita

これで再びNo.45アウディがトップに立つが、気がつけば背後にはNO.97 Modulo CIVIC TCRの姿が。14周目にトップに浮上すると、着実にその差を広げていった。

ここからアウディのペースが今ひとつ伸び悩んでいく。実は2台とも燃料系のトラブルを抱えており、それが原因でペースを思うようにあげられなかったのだ。

一方のホンダ勢は何の問題もなく周回を重ね、レース中盤にはワンツー体制を築く。さらにGr.2の総合トップをST-1のNo.31ポルシェがコースオフ。これで総合トップに浮上することとなった。

©︎Tomohiro Yoshita

序盤から安定して走っていたNo.97シビックTYPE-Rのペースだったが、ペナルティ消化以降に燃費走行に徹してきたNo.98が後半に逆転。No.97はアンカーで中野が乗り込み、トップ奪還に向けプッシュしたが、わずかに届かず。No.98の黒澤琢弥/石川京侍/加藤寛規組がST-Rクラスの初戦で優勝。そのまま伊藤真一/海老澤紳一/中野信治のNo.97も2位に入り、ホンダ勢が見頃ワンツー。No.19BRP Audi MieRS3 LMS(奥村浩一/秋吉圭/山脇大輔)が3位となった。

まとめ

©︎Tomohiro Yoshita

日本のみならず世界的にも注目を集めているTCR。今回も他クラスに参戦しているチームやドライバーがグリッドで両マシンを見に来ているのが印象的だった。

先述のとおり今後はフォルクスワーゲンをはじめ、様々なメーカーが参入してくることが予想されるクラス。もちろん、主役はカスタマーである参戦チームなのだが、それを強力にサポートするべく、各メーカーがスーパー耐久にも力を入れ始めているようだ。

あわせて読みたい
スーパーカーがガチンコでバトルするレースとは?スーパー耐久レース、ST-Xクラスの参戦車両がスゴい!
買えるレーシングカーとは?最新&注目のグループGT3マシンまとめ(2017年版)
7分でわかるWTCC日本ラウンド!公式配信のダイジェスト動画がスゴイ!

 
Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com