Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Racerz

レーサーとしてもビジネスマンとしても超一流!?不死鳥と言われたニキ・ラウダを知っていますか?

2017年のF1シーズンもいよいよ始まり、第一戦のオーストラリアGPではベッテルがフェラーリに久々の優勝をもたらしました。そんなドライバーズタイトル15回、コンストラクターズタイトル16回を誇るこのフェラーリにとって忘れられないドライバーの一人が、F1通算25勝、3度の世界チャンピオンを獲得した天才ドライバー「ニキ・ラウダ」です。そこで、異色の天才ドライバー「ニキ・ラウダ」がどんなドライバーだったのかをご紹介したいと思います。1971年のマーチでF1デビューを飾ったニキ・ラウダですが、その後の1973年のBRMまで目立った成績もなく、1974年のフェラーリからが本当の意味での「ラウダ伝説」の始まりなのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Andreas_Nikolaus_Lauda_2011.jpg

 

ラウダ伝説ファースト・シーズン 栄光のフェラーリ時代

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Niki_Lauda_11.jpg

ラウダ、初のワールドチャンピオンを獲得

フェラーリでの活躍が記憶に残るラウダですが、在籍していた期間は僅か3年のみ。

デビューとなった1974年は、スペイングランプリでの初優勝を自身初のポール・トゥ・フィニッシュで飾りました。

また、この年は2勝で終わりましたが、操縦性に難の有った312Bを徹底したテスト走行で熟成させる事に成功しています。

そして、その結果誕生した新型の312Tは速さと安定性を備えた名機となり、ラウダは1975年シーズンを5勝9ポールという成績で初のワールドチャンピオンを達成したのです。

翌1976年は、9戦終了時点で5勝をあげ、2年連続のワールドチャンピオンはもはや時間の問題とみられていました。

そうして迎えたニュルブルリンクの第10戦ドイツグランプリで、あの悲劇に見舞われたのです。

 

悪夢のニュルブルクリンク高速コーナー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:LaudaNiki19760731Ferrari312T2.jpg

高速コーナーで突然コントロールを失ったラウダのフェラーリ312Tは、キャッチフェンスを突き破って岩に衝突、そして炎上してしまいます。

ラウダは一命をとりとめましたが、衝撃でヘルメットが脱げてしまい、頭部に大火傷と肺に大きなダメージを負う重症となってしまったのです。

幸い、数日間生死の境をさ迷よったものの、ラウダは奇跡的な回復を見せます。

そして、事故発生から6週間後の第13戦イタリアグランプリで復帰を果たし、4位に入賞したのです。

顔の右半分には火傷の跡が生々しく残っていても気にせずグランプリに帰ってきた事、そして奇跡的な復帰劇が「不死鳥ラウダ」と呼ばれる所以なのです。

そうしてラウダ不在の間に勝ち続けたマクラーレンのジェームス・ハントとのチャンピオン争いは熾烈をきわめます。

決着がついたのは、何と日本の富士スピードウェイで行われた最終戦「F1イン・ジャパン」でした。

大雨の中、スタート直後に危険だとして走行を中止しリタイヤしたラウダに対し、大雨をものともせず独走して優勝したハントは、わずか1ポイント差でワールドチャンピオンに輝きました。

 

2度目のワールドチャンピオン、そしてフェラーリとの決別

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Anefo_928-0063_James_Hunt,_Niki_Lauda,_Clay_Regazzoni,_22-06-1975.jpg

1977年には2度目のワールドチャンピオンを獲得。

それにより、ラウダは不死鳥の名を世界に知らしめました。

しかし、御大エンツォ・フェラーリとの確執からシリーズを2戦残し、ラウダはフェラーリを去ってしまうのです。

そして1978年1979年とブラバムから出場したのちに、遂に引退を決意する事になりました。

 

ラウダ伝説スピンオフ(番外編)ビジネスマン、ニキ・ラウダ氏

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Airbus_A321-231_-_Niki_-_OE-LOS_-_LEMD.jpg

この時期、ラウダのもうひとつの顔、ビジネスマンとしてのニキ・ラウダは航空機事業に進出していました。

母国オーストリアのウィーン国際空港を拠点とした「ラウダ航空」の経営の方も成功し、ラウダ自身も操縦桿を握りフライトをしたこともあるそうです。

「機長のニキ・ラウダです。」という機内放送を聞いた幸運な人もいたはずで、他の航空会社より早く目的地に到着しそうな気がしたのではないでしょうか。

しかし、1991年5月26日、ラウダ航空は墜落事故を起こしてしまいます。

その事で経営危機となり、事業を手放さざるをえなくなりました。

それでも、ここで終わらないのが「不死鳥」ニキ・ラウダです。

その後2003年にアエロ・ロイド・オーストリア航空を買収し、社名を「ニキ航空」として、LCC航空事業を展開します。

また、保有する20機以上の旅客機は事故を起こして責任問題で争ったボーイング社製ではなく、全てエアバス社製となっていました。

航空機事業においても、事故から見事に復活する姿は、ビジネスマンとしても「不死鳥」の名を欲しいままにしました。

 

ラウダ伝説セカンド・シーズン3度目のタイトルと2度目の引退

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Lauda_McLaren_MP4-2_1984_Dallas_F1.jpg

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Airbus_A321-231_-_Niki_-_OE-LOS_-_LEMD.jpg

 

ラウダはマクラーレンのロン・デニスとマールボロ から誘われる形で1982年にF1へ衝撃の復帰をとげます。

そして、アメリカ西グランプリで復帰後初勝利を飾るなど計 2勝を記録し、見事に復活をアピールしました。

しかし、翌1983年は5戦中7戦でリタイアするなどマシンの信頼性不足に苦しみ、ランキング10位。

それでも翌1984年、地元オーストリアでの最初で最後の勝利を含む5勝をあげ、3度目のワールドチャンピオンに輝いたのです。

この時のチームメイトは翌年タイトルを取ることになるアラン・プロストで、7勝をあげて予選でも常にラウダに勝っていました。

それでも着実にポイントを重ねるラウダには、わずかに0.5ポイント差で届かず、惜しくも勝利を逃すのです。

そして、ラウダは1985年、オランダグランプリでF1通算25勝目となる最後の優勝を飾り再び引退する事を決めました。

 

まとめ

F1においては瀕死の事故から復活し、翌年にはタイトルを獲得!

引退から復帰するとまたタイトルを獲り、ビジネスにおいては一度手放した航空機事業を再び復活させるなど、「危機」と「復活」がニキ・ラウダの人生そのものといえます。

そして、その不屈の精神が今なお人気の衰えない理由なのではないでしょうか。

プライベートで2度目の結婚もし、60歳で双子の父親になった事も逸話の一つに入れてもいいかも知れません。

その後多くのドライバーが登場し、記録ではラウダをも上回る選手も数多くいますが、ラウダほどの不屈の精神を持ったドライバーは、今後も出現しないのかも知れません。

現在は、ライバルであるメルセデスAMGの非常勤会長を務めており、その紅いキャップ姿は必ずといっていいほどF1中継のカメラがとらえています。

それは、それ程F1にかかわる人々や世界中に多くのファンがいるということの象徴でもあるのです。

また、ラウダの活躍をあまりご存じないモータースポーツファンも、映画「RUSH」において、もう一人の今は無き天才ドライバージェームス・ハントとのライバル関係を、多くの方がご覧になったことではないでしょうか。

 

あわせて読みたい

給料は1ポイント10万ドル!自由人と言われたF1ドライバー、ネルソン・ピケとは

フランスの期待を一手に背負ったアラン・プロスト、「教授」と呼ばれるようになった理由とは

日本が世界と戦えることを証明した。伝説の国産F1マシン、コジマKE007とは

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Mr.ブラックビーン

子供のころからモータースポーツに憧れ、小学校5年生の時の愛読誌はオートスポーツ。リアルタイムでジル・ビルヌーブを観ていたのが自慢。 古き良き時代のF1などのモータースポーツや、名車などを中心に、クルマの面白さ、モータースポーツの楽しさを様々なwebメディアで執筆しています。http://blackbeansht.blogspot.jp/

車買取.com