Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

佐藤琢磨、自身2勝目に期待がかかるも…インディカー2017第2戦ロングビーチ

2017年のインディカー・シリーズ第2戦が4月9日にカリフォルニア州のロングビーチで開催。佐藤琢磨にとっては初優勝を飾った思い出の地。また開幕戦や直前テストでも手応えをつかんでいたレースということで、今回も優勝がありうるのではないか?と期待が高まっていた。果たして、レースはどうなったのか?振り返ってく。

©︎Indy Car

あれから4年。思い出の地「ロングビーチ」へ

©︎Indy Car

舞台となるのはカリフォルニア州のロングビーチ。かつてはF1も開催されたこととなる伝統的な市街地コース。もちろん、インディでも数々の名勝負が繰り広げられてきた。

ここで、琢磨は2013年に日本人初のインディ優勝という偉業を成し遂げた。

あれから、特にロングビーチでのレースには注目が集まってきたが、なかなか好結果を残すことができず。しかし、今年は名門アンドレッティ・オートスポーツに移籍し、開幕戦は様々な困難を乗り越え5位入賞。直前のテストでもトップタイムを記録するなど、ここ数年にない好調さを維持して週末のレースに臨んだ。

 

期待とは裏腹に…

©︎Indy Car

まずは公式予選。直前のプラクティスでは非常に好調な走りを見せ、5番手タイムを記録。予選では期待がかかった。しかしいざセッションが始まると、それまでの速さを発揮することができず18番手。

まさかのQ1脱落となってしまった。

ロングビーチは市街地コースで、あまりコースも広いとは言えず追い上げは難しい。

琢磨にとっては不本意な予選となってしまった。

佐藤琢磨コメント(アンドレッティ・オートスポーツ プレスリリースより)
「プラクティスは順調だったので、今日の予選にはがっかりしています。とにかく、いいラップタイムをマークできませんでした。今日はそういう1日だったのでしょうが、残念です。でも、僕たちにはいいクルマがあるので、明日は追い上げられるはずです」

 

意地の追い上げを見せるも…

©︎Indy Car

翌日の決勝レース。18番手と後方からのスタートとなったが、一つでも上位を目指すべくスタートからプッシュしようと試みるが、後方での混乱に巻き込まれるなど、思うようにぺーすをあげられない。

それでも琢磨は、諦めずにプッシュし、時よりオーバーテイクも披露。一時は12番手まで上がったが、残り7周というところでメカニカルトラブルが発生してしまい、無念のリタイアとなってしまった。

佐藤琢磨コメント(アンドレッティ・オートスポーツ プレスリリースより)
「長く厳しい1日でした。僕たちはほかのドライバーとは異なる3ストップ作戦を選択しました。この戦略は期待したほどうまくいかなかったうえ、最終的にはパワーを失ってマシーンを止めることになりました。プラクティス、予選、そして今朝のウォーミングアップが終わって、本当に力強い手応えを感じていたので、フィニッシュできなかったのは残念です。でも、僕たちはさらに努力して次のレースに力強く挑むつもりです」

プラクティスまでは上位に食い込んでもおかしくないパフォーマンスをみせていただけに、残念としか言いようがない週末となってしまった。

 

まとめ

©︎Indy Car

次回は第3戦バーバー。今回は結果上ではリタイアとなったが、速さとしては開幕戦同様に上位に匹敵するものがあるということも分かった。

あとは結果がついてくるだけ。特に今年は名門チームでの参戦ということもあり、今まで以上に結果が期待されるのと同時に、結果が求められる環境にもある。

次回はどんな走りを見せてくれるのか。第3戦は4月23日に開催される。

 
あわせて読みたい
佐藤琢磨がインディ2017開幕戦で5位!好結果の裏側で支えになった存在とは?
2017年の佐藤琢磨はどうなる?新加入したチーム「アンドレッティ・オートスポーツ」をご紹介!
F1日本GPで日本人が魅せた名勝負とは?佐藤琢磨、小林可夢偉の活躍に日本中が熱狂したレースをご紹介します。

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com