今シーズンも遂に各カテゴリーの2017年シリーズチャンピオンが決定した全日本ロードレース選手権。各メーカー、チーム、ライダー達の最終戦、そして今シーズンはどんな戦いを繰り広げ、どんな結果を残せたのでしょうか?各メーカーごとのレースレポートをまとめました。

 

©ChikaSakikawa

 

 

YAMAHA公式レポート

 

©ChikaSakikawa

 

今シーズンは、レース序盤に転倒するか勝つかの2択という激しい展開を見せ続けた♯1 中須賀克行 (YAMAHA FACTORY RACING TEAM)。

終わり良ければ全て良しを体現するかのような独走でのWウィンを飾り、王者の存在感を再度アピールした中須賀選手はどんなレースを戦ったのでしょうか?

そしてそのチームメイトとして1年間成長を見せ続けた#5 野左根航汰 (YAMAHA FACTORY RACING TEAM)の想いは!?

ライダーランキング4位~6位を獲得したYAMAHAライダー達の公式レポートはこちら!

JSB1000決勝レポート

 

HONDA公式レポート

 

©ChikaSakikawa

 

2レース共2位という悔しい結果ながら、シリーズチャンピオンを獲得した#634 高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)。

そして、ここまでの全レース表彰台を獲得し、第8戦岡山でシリーズチャンピオン決めるも、最終戦にして表彰台を逃してしまった♯634 水野涼 (MuSASHi RT ハルク・プロ)。

最後の最後にトップに躍り出て、チャンピオンを決めた#64 伊達悠太(BATTLE FACTORY)などなど、今シーズンは強かった!Hondaライダー達の戦いはどのようなものだったのでしょうか?

JSB1000決勝レポート

J-GP2決勝レポート

J-GP3決勝レポート

ST600決勝レポート

 

SUZUKI公式レポート

 

©ChikaSakikawa

 

チャンピオンを賭けた最終戦でレース1:8位、レース2:5位という苦しい結果となってしまった#12 津田 拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)。

そして、ルーキーイヤーにして、ランキング7位を獲得した#50 濱原 颯道(ヨシムラスズキMOTULレーシング)など、SUZUKIライダー達はどんなシーズンを走り抜いてきたのでしょうか?

気になるSUZUKI公式レポートはこちら!!

JSB1000・J-GP2決勝レポート

 

KAWASAKI公式レポート

 

©ChikaSakikawa

 

シリーズチャンピオン圏内で最終戦を迎えた#23渡辺一馬 (Kawasaki Team GREEN)が3位表彰台を獲得し、ランキング3位でシリーズを終えるなど、健闘を見せたTeamGREENの今シーズンは!?

気になるKAWASAKIライダー達の公式レポートはこちら!!

JSB1000決勝レポート

 

BRIDGESTONE公式レポート

 

©ChikaSakikawa

 

JSB1000クラスでは、上位全てがブリヂストンタイヤ装着マシンという快挙を見せたBS勢はどんな戦いを魅せたのでしょうか?

タイヤメーカーのブリヂストンから見た公式レポートはこちら!!

JSB1000決勝レポート(レース1)

JSB1000決勝レポート(レース2)

J-GP2決勝レポート

J-GP3決勝レポート

ST600決勝レポート

 

DUNLOP公式レポート

 

©ChikaSakikawa

 

上位をBS勢が占める中で、劣勢ながらも健闘を繰り広げたダンロップ勢のレース展開は!?

タイヤメーカーダンロップから見た、公式レポートはこちら!!

JSB1000・J-GP2・J-GP3決勝レポート

 

まとめ

2017年も全レースが終了した全日本ロードレース選手権。

今年も色々なドラマが展開されました。

リザルトの結果だけではなく、そのレース展開の裏で何が起こっていたのか、ライダー達はどんな想いで戦ったのか、そんな見ているだけでは分からない部分を知る事ができるメーカー公式レポート。

これを読んでメーカーの、チームの、そしてライダー達の2017年シリーズの本当の戦いを知り、もっともっと全日本ロードレースを楽しんで頂きたいと思います。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!