Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Car, Great car

トッププロへの登竜門!国内トップクラスのワンメイクレース、ポルシェ・カレラカップ・ジャパンをご紹介します。

日本国内で行われているワンメイクレースの最高峰と言っても過言ではないポルシェ・カレラカップ・ジャパン。スーパーカーと呼ぶに相応しいスペックを与えられたマシンで戦うレースはいったいどのような物なのでしょうか?今回はポルシェ・カレラカップジャパンをご紹介したいと思います。

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

 

「ポルシェ・カレラカップ」とは?

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

ポルシェ・カレラカップ、通称PCCは世界6ヵ国と2つの地域(アジア・スカンジナビア)、そして世界を股にかけて開催される国際シリーズという、ワールドワイドに開催されている大人気のシリーズです。

このPCCは日本でも開催されており、ポルシェ・カレラカップ・ジャパン(PCCJ)として日本でも注目を集めているシリーズのひとつといえます。

ポルシェ・カップカー911GT3のワンメイクで行われれこのシリーズは、いったいどのようなものなのでしょう。

今回は、今、注目されているポルシェ・カレラカップをご紹介しています。

 

使用する車両は?

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

ポルシェ・カレラカップで使用されている車両はいったいどのようなものなのでしょうか?

このシリーズでは、ポルシェ・カップカー911GT3という車両が使用されています。

それでは、このGT3と名付けられたマシンがどのようなものなのかを見ていきましょう。

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

2017年式 ポルシェ・カップカー911 GT3 スペック
全長×全幅×全高(mm):4564×1980×1246
ホイールベース(mm):2456
車両重量(kg):約1200
エンジン型式・仕様:水平対抗6気筒DOHC自然吸気
排気量(cc):3996
最大出力:485ps/7500rpm
最大トルク:48.0kg-m/6250rpm
トランスミッション:ポルシェ製6速シーケンシャルドグミッション
新車時販売価格:約22,000,000円~

スペックも価格もビックリ!!

それでは、仕様も価格もハイスペックなポルシェ・カップカー911GT3が集結して日本でレースを行うポルシェ・カレラカップ・ジャパンがどのようなものなのか、見ていきましょう。

 

PCCJとは?

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

日本で行われているポルシェ・カレラカップはいったいどのような内容で開催がされているのでしょうか。

また、参加するためにはどうすればよいのでしょうか。

PCCJのイロハをご紹介していきます。

 

目的に合わせたクラス設定

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

様々な選手が参戦するPCCJは、2つのクラスに分かれて混走のレースが展開されているのが特徴です。

一つ目のクラスはスカラシップ獲得を目指す若手やレース巧者のベテランが凌ぎを削るオーバーオールクラス。

そしてふたつめのクラスは、レース初心者や楽しみながらレースをしたい方が参加するジェントルマンクラス。

この2つのクラスで開催されているPCCJは、上位カテゴリーや世界を目指す選手たちにとって登竜門といえるクラスであると同時に、レースを楽しみたいドライバーも参加することが可能な内容となっているのです。

プロドライバーからアマチュアドライバーまで、幅広い選手が参戦しているPCCJですが、このシリーズに参加するにはどのような資格が必要なのでしょうか?

次の項目で、必要なライセンスや資格などをご紹介していきます。

 

目的の定まった参加資格

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

PCCJに参加するにあたり必要な条件はこちらとなります。

PCCJ委員会に登録されたチーム及びドライバー

国内A級ライセンス保持者

当該年度に有効なライセンス保持者

年齢は18歳以上であること

そして、PCCJでは以下の条件にひとつでも当てはまると参加することができません。

準国際格式以上のレース参戦実績があり、シリーズで6位以内に入賞したドライバー

過去にPCCJにてシリーズチャンピオンを獲得したことがあるドライバー

PCCJが上記項目と同等以上と判断したドライバー

 

こうした明確な参加基準が設けられているところも、PCCJがレースへの登竜門といわれる所以といえるでしょう。

参加基準はお分かり頂けましたでしょうか?

それでは参加するにあたり、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

スーパーカーといわれるポルシェだけに、一番気になる部分でもあります。

それでは、次の項目で参加にかかる費用をご紹介します。

 

目安となると参加費用

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

PCCJに参加するにあたり、必要な費用はどれくらいなのでしょうか。大まかな必要経費を見ていきましょう。

まず、年間エントリー費用は315万円と言われています。

車体は新車を購入した場合、先述の通り2000万円を越えることから、参加準備をするだけでも2500万円は必要となります。

それにメンテナンス費用や転戦費用等を加算していくと、初年度の場合3000~3500万円は必要となってきます。

金額だけを見ると驚くばかりですが、実はそれに見合うだけの制度も用意されています。

それではポルシェが用意する、一歩先を見据えた制度をご紹介していきます。

 

目標を後押しする制度

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

PCCJでは、スカラシップ制度を準備しており、毎年オーディションに合格した期待の若手選手がシリーズに参戦できる制度があります。

このスカラシップ制度を活用して、スーパー耐久選手権やスーパーGT、スーパーフォーミュラなどへステップアップを遂げた選手が居るのです。

また、スカラシップ制度を活用しなくとも他のカテゴリーへステップアップした選手も多くおり、PCCJの知名度やレベルの高さを証明しているといえるでしょう。

 

まとめ

 

出典:http://www.porsche.com/japan/jp/

 

PCCJについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

スーパーカーと呼ぶに相応しいマシンでのレースは参加するために高いハードルがあります。

しかしハードルが高い分、レベルの高いレースが展開され、ステップアップの後押しをしてくれるメリットもあります。

また参加するだけではなく、ハイレベルなレースを観戦するためにサーキットに足を運んでみるのもおススメです。

 

あわせて読みたい

ポルシェがレースを辞めない理由とは?耐久王がルマンを制したマシンに迫ります

残り15分で全てが決着!トヨタvsポルシェのWEC開幕戦どうなった?

クラシックポルシェの皮を被ったモンスター!?「RUF CTR 2017」ってなんだ?

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
The intimidator #3

モータースポーツを愛して止まないアラフォーです。 デイル・アンハートsrに憧れ、自らもそれに扮する変わり者。 以前はマイカーにてサーキット走行を楽しんでおりましたが、現在は主にレンタルカートとシュミレーターにて活動をしております。 記事を通して、1人でも多くの方に車やモータースポーツに触れて頂き、興味を持って頂けたら幸いです。

車買取.com