Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

幼少期からプロになることは決まっていた!?ホンダのエース道上龍選手の駆ったマシンたち

道上龍というレーシングドライバーをご存知でしょうか??長年に渡り本田技研工業のモータースポーツ部門を支えて来た選手です。近年ではSUPER GTで監督業を行い、その傍らでSUPER耐久やWTCCではシビックターボのステアリングを握るワークスドライバー!今回はそんな道上龍選手が、過去に乗って来たマシンを集めてみました。

 

出典:http://carnjoy2.tistory.com/58

 

 

レースキャリアスタート

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

 

道上選手は実家がカートショップという事もあり、幼少の頃からレースに近い家庭環境で育ちました。

その為、幼い頃から弟と共にカートレースに出場し、優秀な成績を収めています。

また、道上選手はカート出身ドライバーである為、本格的なレース参戦はフォーミュラーレースから開始。

1991年にフォーミュラ・ミラージュで4輪レースデビューを果たし、その勢いで1993年にナウ・モータースポーツから全日本F3選手権にステップアップしています。

そして、1993年シーズンの活躍により道上選手は一躍有名人となりました。

その後、N1耐久シリーズ(現SUPER耐久)や全日本ツーリング選手権(JTCC)で活躍。

1996年にホンダワークスのツーリングカー開発ドライバーを務めると、それがきっかけとなり、ホンダのワークスドライバー、そして、日本のトップドライバーの1人としての道を歩んで行く事となったのです。

 

JGTC

 

出典:http://www.michigami-ryo.com/modules/photos0/viewcat.php?cid=3

 

1998年からは、現SUPER GTの前身カテゴリーである全日本ツーリングカー選手権(JGTC)に本格参戦する事となりました。

GT500クラスに参戦し、プロレーシングドライバーとしてホンダの看板を背負い激戦を繰り広げます。

そして、2000年にはついにGT500クラスでシリ-ズチャンピオンを獲得。

しかし、珍しいのはシーズンを通して優勝回数0回という記録です。

レ-スのポイントランキングは各レースの順位によって割り振られますが、優勝こそできなかったものの、2位以下の安定した好成績により、シリーズチャンピオンとなったのです。

 

フォーミュラーニッポン

 

出典:https://www.mooncraft.jp/company/historymotorsports3/

 

1998年からはJGTCと同様、フォーミュラーニッポンにも本格参戦を開始しました。

ムーンクラフトや5ZIGENといった名門チームに在籍し、フォーミュラードライバーとしても活躍しています。

しかし、2000年の富士スピードウェイで行われたレースで大クラッシュ!

今でこそHANSの装着はクラッシュ時の危険性を考えてカテゴリーに関係なく義務付けられていますが、当時はトップカテゴリーでさえ装着されていませんでした。

HANSを装着せずにクラッシュしてしまった為、腰堆を骨折してしまったのです。

レースに戻る為にリハビリを行い、シーズン後半には復帰していますがHANSの重要性を身に染みて知る事になりました。

そして、自身の経験を他のドライバーに訴えかけ、今日のようにHANSが義務付けとなるきっかけとなったのです。

その後、道上選手は2006年にフォーミュラーニッポンから身を引いています。

 

SUPER GT

 

出典:http://www.michigami-ryo.com/modules/photos0/viewcat.php?cid=2&num=30&orderby=lidA&pos=150

 

2004年を以て、全日本GT選手権は廃止されました。

それと入れ替わる形で2005年よりSUPER GTが開幕したのです。

そして、2005年からも道上選手は、引き続きNSXのステアリングを握っています。

SUPER GTが開幕した2005年シーズンは、ホンダレーシングとしてシリーズ10位を記録。

しかし2009年、ついに道上選手とNSXのコンビが解消される事となりました。

開発当初からの年数経過により、日産・トヨタのスピードにNSXが付いていけなくなったのが主な原因です。

その後2010年からは、HSVのステアリングを託される事になりました。

 

出典:https://es.wikipedia.org/wiki/Honda_HSV-010_GT

 

2010年から道上選手は、長年在籍したホンダレーシングから移籍しました。

中嶋悟監督率いる、ナカジマレーシングのシートを得たのです。

また、このシーズンからは昨年までのNSXに代わって、次期NSXだったHSV-01へとGT500クラスのホンダ勢が全車マシンチェンジを行いました。

それにより、今までミッドシップのNSXだった為、FRレイアウトのHSVに変更となり、チームとしてもドライバーとしても進化が求められる事に。

しかし駆動方式の変更に伴うバランスが上手く嚙み合わず、シーズンを14位で終えています。

その後2013年、ついにシートを失う事に。

しかし、これまでの功績から翌年の2014年にはGT300クラスの無限CR-Zの監督に就任します。

そして夏の風物詩、鈴鹿1000km耐久レースでは第3ドライバーとして登録はされましたが、結局決勝レースでステアリングを握る事はありませんでした。

これを持って道上選手はSUPER GTのドライバーを引退し、自身で立ち上げたドラゴンコルセの監督を務める事となります。

 

WTCC

 

出典:https://www.fiawtcc.jp/%E9%81%93%E4%B8%8A%E9%BE%8D%E3%80%81wtcc%E3%81%A7%E3%81%AE2%E6%97%A5%E7%9B%AE%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B/

 

2013年にSUPER GTのシートを降りて以来、初となるレーシングドライバー復帰の話が道上選手の元に届きます。

それは、世界ツーリングカー選手権(WTCC)へのオファーでした。

参戦車両はホンダシビックで、従来通りワークスチームからの参戦です。

今年2017年は参戦2年目となり、2016年シーズン後半から参戦しています。

SUPER GTとWTCCの大きな違いはスプリントレースである事!

現在日本人で参戦しているドライバーは道上選手だけなので、今後の活躍に期待が膨らみます。

 

SUPER耐久

 

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

 

道上選手は2017年シーズン、SUPER耐久の第3戦鈴鹿サーキットと第5戦富士スピードウェイにスポッ参戦しています。

第3戦鈴鹿サーキットでは土屋圭一氏とステアリングを握り、4位でレースを終えました。

そして、先日行われた第5戦富士スピードウェイでは3位表彰台でレースを終えています。

今回参戦したST-TCRクラスは、クラス自体が新設されたという事もあり、参戦台数が今後増える事が予想される未知のクラス。

道上選手とシビックターボの活躍が、まだまだ見られる事にも大きな期待が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

時代と共に、道上選手もレースも進化して来ました。

JGTCの頃からGT選手権に参戦し、カテゴリーは違えど今だ最前線で活躍している道上選手。

NSXに乗る姿が一番印象に残っている方が多いと思いますが、今後のWTCCやSUPER耐久での活躍からも目が離せません。

 

あわせて読みたい。

道上龍選手の開幕戦はどうなった!?WTCC2017、今年はホンダvsボルボの戦いから目が離せない!?

これが日本のレースの歴史!伝統の鈴鹿1000kmで優勝した歴代マシンたち[2000年代・スーパーGT到来編]

憧れてレプリカを作る人も!?カストロールカラーに塗られた9台の名車たち

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Kou

好きな車の仕事がしたくて自動車ライタ-をさせて頂いています。レ-スやスポ-ツカ-など、モ-タ-スポ-ツが特に興味があり色々なテ-マで楽しく書かせて頂いています。

車買取.com