Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYBike

必見‼︎今後、国内での活躍は勿論のこと世界挑戦が期待される若手バイクライダー達!

レースといえば、いつも目にするのは上位クラスのレーサーばかり。今回は、まだまだ知られていない若手ライダー、今後の活躍が期待されるライダーに注目してみました‼︎ここから応援して行けば、更にサーキットに行くのが楽しみになるのでは⁉︎

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/sports/race/

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/sports/race/

やはり、今後のレース界を更に盛り上げて行くには、若手の活躍って重要ですよね!

と言うことで今回は、全日本ロードレース選手権に参戦中のライダーより、注目の若手ライダーを紹介していきます。

そもそも、若手ライダーって?

出典:http://www.mfj.or.jp/

出典:http://www.mfj.or.jp/

若手ライダーの定義はなにか分かりませんが、世の中で言えば、高校生、大学生位の年代が若手と呼んで良いのではないでしょうか?

なかには、もうライダーとしては中堅クラスに突入!と言ったような参戦歴や活躍歴の選手も居ますので、難しいところですが、やっぱり年齢が若いライダーが若手ライダーでしょう。

 

JSB1000クラス注目のライダー

Photo by Mai Friend

Photo by Mai Friend

なんと言ってもJSB1000クラスに参戦中の注目若手ライダーと言えばこの選手!

野左根 航汰選手(21)です。
(のざね こうた)
5月29日に第3戦を終えた全日本ロードレース選手権。
今回3位フィニッシュとなった、ゼッケンNo7、21歳の若手ライダー「YAMALUBE RACING TEAM」の「野左根 航汰」選手は、2013年に全日本ロードレース選手権J−GP2クラスの年間チャンピオンを獲得し、moto2へもスポット参戦をしていました。
一時は活動休止を発表するも、2014年からは全日本ロード選手権JSB1000クラスへのフル参戦を急遽発表。
2015年には10歳より在籍していた「チームのリック」から、ヤマハの若手育成を担う「YAMALUBE RACING TEAM」に移籍し、現在に至ります。
野差根選手、なんと初めてバイクに乗ったのは3歳で、5歳の時にはミニバイクレースに挑戦しているんです。キャリアは19年・・・

J−GP2クラス注目の若手ライダー

http://oshidatakeshi.com/article15999.html

出典:http://oshidatakeshi.com/article15999.html

J−GP2クラスと言えば、今期3連勝中の「浦本修充(ウラモト ナオミチ)」選手じゃないでしょうか?
ゼッケンNo94、「Team KAGAYAMA」より参戦中の若手のホープ、21歳。
浦本選手は全日本選手権GP125、ST600を経て、J−GP2へ2012年より参戦。
2015年にはJSB1000クラスへステップアップし「MuSASHiハルクプロ」より参戦していましたが、
今シーズンはJ−GP2の参戦となっています。
浦本選手は2002年の9歳の頃にポケバイデビュー、全日本ロードレースへは2009からの参戦です。
身長は184センチで、motoGPで活躍するロッシの182センチよりも高身長。バイクキャリアは12年。

ST600クラス注目の若手ライダー

http://kyokushin11172000.blog.fc2.com/blog-date-201603.html

出典:http://kyokushin11172000.blog.fc2.com/blog-date-201603.html

ST600は、若手とベテラン選手の参戦が入り乱れるクラスとなっていますが、その中でも注目の若手選手は、若干16歳の「清末 尚樹(キヨス ナオキ)」選手です。
今年2016年が全日本ロードレース選手権フル参戦初年度となる選手ですが、2015年には九州選手権国際ST600クラスのチャンピオンを果たしています。
2016年より現在の「RS-ITOH RACING TEAM」へ移籍し、ゼッケンNoは21。
初戦筑波は8位、茂木は予選2位、決勝4位で終えています。

 

まとめ

今後のレース界を盛り上げ、引っ張って行くのであろう若手ライダー達!!
実は、まだまだ紹介しきれていないですが、各クラス一人づつに絞って紹介してみました。
はにかんだ笑顔も素敵な野差根選手、笑顔輝く浦本選手、まだまだ幼さの残る清末選手。
ライダーって実はイケメンが多いって耳にするんですけど、やっぱりこの3名もイケメンですよね?
motoGPライダーのロッシやマルケスも、そう言えばイケメンですし。
サーキットに行けば、こんな爽やかな笑顔にも出会えちゃうなんて、次戦SUGOも楽しみですね‼︎

Writer Introduction
TryOne

車買取.com