Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Entertainment, Race

レース観戦するなら観光もしたい! 豪華絢爛!!F1アブダビへの旅

皆さんこんにちは!Motorzライターの結川愛寿加です。シーズン途中のアゼルバイジャンから執筆を開始したこのF1旅行シリーズも、いよいよ今シーズン最終回となります。最後まで皆さんと楽しい旅を続けたいと思いますので、しっかりついて来て下さいね!

©Pirelli

©Pirelli

それではMotorz的F1旅行、アブダビに向けて元気に出発です!!

いよいよ今シーズン最終戦!!F1アブダビGPの見どころは?

©Pirelli

©Pirelli

アラブ首長国連邦をは、7つの首長国から成る連邦国家で、首都はアブダビ市です。

アブダビには紀元前3000年の歴史があり、アラブの伝統を色濃く残していることでも知られています。

公用語はアラビア語。

日本との時差は日本マイナス5時間、サマータイムは採用されておりません。
F1最終戦が開催されるヤス・マリーナ・サーキットは、サーキットデザイナーと言えばこのお方!ヘルマン・ティルケ氏によって設計されたサーキットです。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

初開催となった2009年と翌年の2010年、そして2014年以降は最終戦の舞台とされています。

全長は5.554㎞、太陽が沈み切らないうちからスタートするトワイライトレースなのでドライバーの目には大きな負担があると共に、気温や路面温度もぐんぐん下がっていくためタイヤにも負荷が掛かります。

その辺りの対策や戦略にも注目です!

その他の大きな特色としては、通常のコースと市街地コースが組み合わされたデザインとなっていること、そしてホテルの下を通過する場所があることなど。

18コーナーと19コーナーの間がその区間に当たるので、観戦の際は要チェックです!

 

直行便で楽々向かえる!!ヤス・マリーナ・サーキットへのアクセス

出典:https://www.google.co.jp/maps

出典:https://www.google.co.jp/maps

これまで乗り換えなしでは行けない場所での開催が続いていましたが、2016年11月現在、アブダビへは成田空港からアブダビ国際空港までエティハド航空の直行便が出ており、とても便利です。

フライト時間は約12時間半です。

しかも、空港からサーキットまでは車で約15分ととても近く、旅慣れた皆さんにとっては交通面ではかなりハードルの低い国と言えるのではないでしょうか?
いつか世界中をF1観戦して周りたい!と思っている私としては1回の乗り換えは当たり前、2回でもF1のためなら仕方ないなぁという感覚でいたのですが、やはり乗り換えはないに越したことはありませんよね!

体力を上手く温存しながら現地に向かえるので、到着後すぐに活動を開始出来そうです!!

 

世界一、世界初が目白押し!!お勧め観光スポット5選

ついつい誰かに話したくなる「世界一」や「世界初」のスポット!

アブダビには、そんな世界トップクラスの場所があちこちに存在しています。

今回はその中から、最高級の観光スポットを厳選してお届けします!!

 

フェラーリ・ワールド・アブダビ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

アブダビに行く目的と言えばF1観戦が第一なのは言うまでもありませんが、個人的にこのためだけに行っても行く価値がある!と確信しているのがこちらのフェラーリ・ワールド!!

2009年11月に開園した世界初のフェラーリのテーマパークで、世界一速いジェットコースター「フォーミュラ・ロッソ」は、F1ファンの皆さんであれば知らない方はいませんよね!

その最高速度は、何と時速240kmにも上るそうです!!

フェラーリのF1マシンをモデルにしたという4人乗りのジェットコースターは、まさに跳ね馬のF1マシンそのもの!!!

他にも、2台のジェットコースターが対決するアトラクション「フィオラーノ・GTチャレンジ」やフェラーリ・599GTBフィオラノのV12エンジンの内部を冒険、かなりずぶ濡れになると評判の「V12」など、自動車に関連するアトラクションが20以上も!!

お子様向けのインドア・ゴーカート「ジュニアGT」や、レース期間中のモーターホームを再現した「パドック」なども人気で、大人から子供まで楽しめます。

レストランも充実しており、F1好きなら丸1日いても飽きない屋内型テーマパークです!!

 

ヤス・アイランド・ウォーターワールド

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

F1好きの皆さんであれば、少なからず他の速い乗り物もお好きですよね?

そんな方々にオススメしたいのが、このヤス・アイランド・ウォーターワールド。

43ものアトラクションが揃うこちらには、世界最速の時速238kmを誇る6人乗りのウォータースライドがあるんです!

世界最大の磁気流体力という力を利用しているそうで、どこまでもスケールが大きいです…。

他にもエキサイティングなアトラクションが数多く肩を並べているのですが、そのうちの5つのアトラクションはこのヤス・アイランド・ウォーターワールドでしか体験出来ないもの!

乗り忘れや乗り損ねのないように、必ずチェックして下さいね!!

 

シェイク・ザイード・モスク

©Pirelli

©Pirelli

世界スケールの観光スポット、続いてご紹介するのはシェイク・ザイード・モスクです。

2007年に建造されたこのイスラム寺院には、UAE建国の父と名高いシェイク・ザイード氏が眠っています。

モスクの大きさとしては残念ながら世界一ではないようですが、5627平方mという世界最大のペルシャ絨毯や、直径10m、高さ15mという世界最大のシャンデリアなどがあり、話題に事欠かないだけでなくどこを切り取っても絵になる美しさです。

真っ白な外観が青い空によく映えるのですが、夜のライトアップされた姿も趣きがあるので時間帯を変えて訪れる価値あり!

世界一美しいモスクと言っても過言ではないと思いますので、百聞は一見にしかず、是非皆さんのその目で確かめてみて下さい!!

 

ルーブル・アブダビ美術館

出典:http://www.barakabits.com/

出典:http://www.barakabits.com/

アブダビでルーブル?と驚いた方も多いことでしょう。

パリにある世界的に有名なあのルーブル美術館が全面協力ということで話題となっているルーブル・アブダビ美術館が今年、満を持しての登場予定です!

…あ、皆様、気付かれましたか?

そう、残念ながらまだ「予定」なのです。

当初は2012年オープンを予定していましたが、2015年12月、2016年末…とどんどん先送りになり、もはや年内の開館は間に合うのか!?というところまで来てしまっております。

完成すれば「世界一」、「世界初」ではありませんが、アラブ初の世界的美術館!

本家・ルーブル美術館としても初の国外進出ともなれば話題性も十分ですよね!!

置かれる作品もどれも一流で、ルーブル美術館を筆頭にオルセー美術館やヴェルサイユ宮殿などフランスの名だたる美術館から購入や借用されるそうです。

間違いなく今後のアブダビを代表する観光スポットとなりますので、今のうちにオープン前の貴重な姿を目に焼き付けておくのもまた一興かもしれません!

 

エミレーツ・パレス・ホテル

出典:http://www.svoiludi.ru/

出典:http://www.svoiludi.ru/

最後にとっておきのラグジュアリー空間をご紹介しましょう。

大ヒット映画「セックス・アンド・ザ・シティー2」にも登場した最高級7つ星ホテルがこのエミレーツ・パレス・ホテルです!

敷地面積は何と、東京ドーム約21個分に相当する約100ha!!

ホテルに宿泊しなくても1階にあるカフェは利用可能なので、休憩がてら名物となっている24金の金箔カプチーノを頂いてみてはいかがでしょうか?

またレストランでのランチバイキングも宿泊せずに利用出来ます。

宮殿さながらの麗しさは見ているだけで圧巻!!

贅の極みを体感すべく、是非訪れてみて下さいね!

ちなみに…こちらのホテルは玄関の大きさが世界一だそうです!!

 

まだまだ続くアブダビの旅!

次のページでは、名産料理もご紹介しますよ!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
asuka_yuikawa

結川愛寿加(ゆいかわあすか)。大学在学中よりフリーアナウンサーとしての活動を始め、TVやラジオなどのMCやレポーター、パーソナリティを務める。2006年より自身が企画・プロデュースするモータースポーツ番組のメインパーソナリティとして出演。以降、国内レースのみならずF1日本GPやMotoGP 日本GPにプレスとして参加するなど、モータースポーツジャーナリストとしても活動の幅を広げている。今シーズンはスーパーGTに、SUBARUチームMCとしても出演中。http://ameblo.jp/asuka1206/

車買取.com