Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

スーパー耐久最激戦区のST-4クラスとは?S耐イチ盛り上がっているST-4クラスの参戦車両を一挙ご紹介!

様々なマシンが参戦しているスーパー耐久シリーズ。その中でも「最激戦区」と言われているのがST-4クラスだ。2016年の開幕戦、第2戦をみても予選での1位と2位の差はわずか0.1秒以下。決勝でも手に汗握るバトルが最終ラップまで続くほどなのだ。今回は、そんなST-4クラスを紹介する。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

スーパー耐久ST-4クラスレギュレーション

ST-4の参戦規定は排気量1,501cc~2,000ccの車両。

駆動方式は特に定められていない。

最高峰クラスから比べると排気量なども下がるため、予選では「グループ2」に分類されることになる。

 

トヨタ86

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

現在では、このクラスの代名詞的マシンとなったトヨタ86。

年間では8台がエントリーしている。

ここ数年で着実に実力をつけてきており、昨年は最終戦で86同士がチャンピオン争いを披露。

2016年も各所で激しいバトルを演じている。

またSUPER GTなどで長年活躍した脇阪寿一も#52埼玉トヨペットGreenBraveで参戦している。

 

ホンダS2000

IMG_3300_yoshita

86の対抗馬であり、長年ST-4クラスでの有力マシンだったS2000。

特に黄色と青のスプーンカラーのマシンはS耐を知らない人でも見たことがある人も多いかもしれない。

2016年は5台がエントリー。最近では86の先行を許しがちだが、持ち前の軽快な走りは健在だ。

 

ホンダ・インテグラTYPE-R

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

86、S2000の次に多くの台数がエントリーしているのがインテグラTYPE-R。現在ではDC5型が3台エントリーしている。

 

スバルBRZ

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

トヨタ86の兄弟車であるBRZも1台エントリー。

外見からは見分けがつきにくいが、#27のDStationカラーのマシンだ。

 

ホンダ・シビックTYPE-R

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

以前、シビックレースでも使用されていたFD2型のシビックも今年は1台エントリー。

同レースを彷彿とさせるようなV-TECエンジンのサウンドに注目だ。

 

ホンダ・シビックTYPE-R EURO

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

こちらはFD2型の後に発売されたFN2型。

日本のレースシーンに出ることはほとんどないマシンだったが、2016年はST-4クラスでその走りを見ることができる。

 

トヨタ・Vitz GRMNターボ

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

通常、VitzはST-5クラスに分類されるがGRMNモデルはターボ込みで排気量が1500ccを超えるためST-4クラスからの参戦。カスタムカーショーでも話題になったGRMNマシンのレースシーンを、2016年はサーキットで見ることができる。

 

マツダ・ロードスター(NC)

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

NC型マツダ・ロードスターもST-4クラスにエントリー。2

016年はST-5クラスにND型が参戦しており混乱しがちだが、白いマシンの#54TC CORSEが上位入賞を目指し奮闘している。

 

まとめ

ご覧のように、ST-4クラスは激戦であり、一番車種のバリエーションが豊富なのも特徴。

参戦台数も23台と、このクラスだけでレースをしても十分成立するほどの迫力なのだ。

そして記事冒頭でも紹介した通り、とにかく接近戦のバトルが絶えないST-4クラス。

2016年はどのチームが栄冠を勝ち取るのか、最後まで目が離せない。

 

 

あわせて読みたい!

スーパー耐久ST-5クラスはFFvsFRがアツい!2016年のS耐参戦車両を一挙ご紹介!

スーパー耐最激戦区のST-4クラスとは?S耐イチ盛り上がっているST-4クラスの参戦車両を一挙ご紹介!

「セダンvsクーペ」の最強決定戦とは?重量級が争うスーパー耐久ST-3クラス参加車両をご紹介します。

2016スーパー耐久ST-2クラスのマシンは全て4WD!国内最強をかけた四駆バトルから目が離せない!

スーパーカーがガチンコでバトルするレースとは?スーパー耐久レース、ST-Xクラスの参戦車両がスゴい!

 

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com