Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews

愛車に名前が付けられる!?トヨタ C-HRの”CUSTOM NAME PLATE”がオモシロイ!

ストリートファイターⅡとの動画コラボなど、そのコンセプトに違わぬクロスオーバーぶりで話題集中のトヨタ・C-HR。今回ご紹介するのは、なんとオリジナルのネームプレートが作れる!という、夢のようなサービス!しかも、とてもハイクオリティーなのです。

https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

 

CUSTOM NAME PLATEって一体なに?

その名の通り、C-HRにオリジナルネームプレートを作ってくれるというサービスです。

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

 

ネームプレートの仕様(C-HRホームページより引用)

材質:ABS(クロムメッキ仕上げ)

商品重量:約5g(10ピース)
商品寸法:20×200mm内(厚み2.8mm)
梱包サイズ:120×235×5mm
価格:3,530円(税込)

メーカー純正エンブレムと同仕様で、このお値段!さすが世界のトヨタです。

それでは、注文方法をご紹介したいと思います。

 

STEP1

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

まずは専用ホームページでロゴのデザインをします。

といっても、用意されたフォントの中で好きな文字をタイピングするだけ!とっても簡単です。

しかも、背景は実車のイメージ画像となっているので、装着時の雰囲気を想像しながら作成できるのです。

ちなみに装着の推薦箇所はこちらです。

出典:http://toyota.jp/c-hr/cp/cnp/

これは、どこに貼るのかを考えるだけで、ワクワクして日が暮れてしまいそうです。

リア・エンブレム下が鉄板でしょうが、CピラーのHYBRIDロゴあたりにさりげなく貼るのも捨てがたい…。

想像が膨らみます。

https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

注文が入ると、ファクトリーでオリジナル・ロゴが制作されます。

動画ではロゴが作られるまでの工程が見られるので、注文したオリジナルネームプレートが実際に作られている所を想像しながら見るのも楽しいと思います。

 

STEP2

プレートは、注文からおよそ3週間ほどでお届け先のポストに届きます。

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

パッケージのデザインもカッコよく、これだけでもボルテージが上がります。

 

STEP3

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

そして緊張の”貼る儀式”…ワクワクが止まりません。

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

きちんと計測して、バッチリ位置を決めてからトライしたいところです。

ちなみに、シール台紙の一部がL字型の位置決めツールとして使えるようになっているので、上手く活用するとキレイに仕上がります。

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

速くも完成!これは得も言われぬ愛着が湧くこと間違いありません。

そして入れるロゴもアイディア次第!こんな風に自分の名前を入れるもよし、

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

自分達のバンド名やチーム名を入れるもよし、

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

愛犬のように可愛い名前をつけてもいいですね。

近頃のトヨタはクルマ好きの心を掴むプロモーションが満載です。

QUEENの”KEEP YOURSELF ALIVE”をフィーチャーしたPVも相変わらずのカッコイイ仕上がり!

動画で詳しいHOW TOを、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

出典:https://youtu.be/0yCOvhy7TpQ

いかがでしたか?

今回のCH-Rに限らず、全ての車種で純正オプションにして欲しい企画ではないでしょうか?

ちなみに、カスタムネームプレートはC-HRオーナーでなくともオーダー出来るので、今のあなたの愛車に貼ることも可能です。

今後は街中で見かけるC-HRの”名前”に注目しても楽しいかもしれません!

 

あわせて読みたい

ダートからサーキットまで!スズキジムニー(JB23)&ジムニーシエラ(JB43)カスタム・デモカー25選

今気になる最新SUV、トヨタC-HRのカスタム・デモカー10選

オシャレに車を楽しみたい。BMWミニ(R53)(R56)(R60)カスタム・デモカー10選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Shinnosuke-Miyano

20代の頃はメカニックをしたり、お洋服の仕事をしたり、とりとめのない日々を送ってきました。 古き良きモノへの敬意が、新しさを生むんじゃないかな。なんて思いながら、ヴィンテージなネタをメインに記事を書かせていただいています。 https://www.facebook.com/shinnosuke.miyano

車買取.com